備前焼・唐津焼      
 
last up date 2017.11.03
http://yakimono.cc
                  新規開店のご挨拶

ギャラリーラボは新規開店準備のため、5月よりしばらくお休みをいただいておりま
したが、このたび11月12日(木)から12月13日(日)の新収集展をもちまして再始動
いたします。

実作者は土を素材としてやきものに仕上げます。私達ギャラリーがやきものを紹介す
るという行為も、その作者の意図とやきものを素材とした作品として、品質を問われ
るべきものです。

本展準備期間中、店主以下四名により作品の収集とその背景の取材(作者の皆様には
多くの時間を頂き、改めて御礼申します)、その紹介方法についての議論と推敲を重
ねてまいりました。本展は新収集作品のなかから、まずは私達自身が「個人的に是非
欲しい」もので構成しました。

これより皆様と共に、やきもの文化の向上に貢献できる「一座建立」に尽力いたします。

本展のご高覧、今後のご指導ともにどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
                             2015年11月2日 ギャラリーラボ一同
◆ギャラリーラボの住所は従来の通りですが、契約の変更により電話番号とウェブサ
イト、メールアドレスが変更になります。

電話:0898-55-8192

ファクシミリ:0898-55-8193

ウェブサイト:: http://www.ishizuchicorp.co.jp/labo/

mail::
labo@ishizuchicorp.co.jp

お気に入り、ブックマーク等を変更下さいますようお願いいたします。
tencho_image300
-
 
淡い発色の織部釉は、釉下の美濃土の発色を加味し、美しい発色と胎土からのテクスチャーを堪能させる作品となりました。
戸田 優美子 作
織部酒盃

size 径67mm×53mm
 
 
池西剛氏の備前のコンセプトの一つに、室町の肌と桃山の造型の融合が上げられますが、本作は桃山の志野や瀬戸黒が持つ織部様式ならではの完成された造形美と、備前土ならではの炎に対する反応の良さを垣間見せる土肌が室町のそれを彷彿とさせ、池西備前ならではの圧倒的存在感を感じさせる作品です。
池西 剛 作
備前酒盃

size 径71mm×50mm
 
 
 この作品の木賊(とくさ)文も実に単純な意匠でありますが、唐津の土や釉調との組み合わせにより、侘び枯れた風情を醸し出し、唐津の精髄を感じさせる作品となっています。
中川 自然坊 作  
絵唐津ぐい呑 soldout

size 径70mm×55mm
 
 
この作品は池西剛氏ならではの解釈を基に、志野や瀬戸黒を思わす造型と伊部手の意匠が見事に調和し、氏の思い描く伊部手の可能性を示した作品となりました
池西 剛 作
伊部酒盃
soldout
size 径63mm×60mm
 
 
コロリとした胴部に口部の捻り返しが利いた造型上に、自然釉や紫蘇肌・うぶな土肌などが控えめながら見所満載の景色を描き出し、備前の王道を感じさせる作品です。
小出 尚永 作 
備前ぐい呑 soldout
size 径75mm×58mm
 
 
新氏が使う伊賀の土は炎に当たると緋が生じ、ガードされた部分の白味の強い肌との対比の妙を感じさせ、そこに上部から流れ落ちたビードロが玉垂れを生み出し、美しい景色を現出しています。
新 学 作 
伊賀ぐい呑 soldout
size 径65mm×61mm
 
 
長次郎の楽と同じ聚楽土を使いながらも、手作りの楽窯で焼かれた本作は野趣や味わいが強く、桃山の息吹を感じさせる作品となっております。
大前 悟 作
黒楽ぐい呑 
soldout
size 径71mm×51mm
 
 
キリリと稜線の利いた造型は凛とした印象を感じさせ、硬質ながら弾力を内包した釉調と共に、存在感を有する六角盃となりました
池西 剛 作
朧月手酒盃
soldout
size 径71mm×50mm
 
 

勢いを感じさせる轆轤目を残した造型や、黄色味を帯びた釉色を一条の釉垂が趣を感じさせ、風情を豊かな佇まいを見せる作品です。
安永 頼正 作
玉子手ぐい呑
 soldout
size 径67mm×54mm
 
 
いかにも黄瀬戸と言う凛とした造型上を、奥行を感じさせる油揚手の肌や黄瀬戸には欠かせない濃緑色のタンパン・渋さを演出するコゲが絶妙なバランスで配され、黄瀬戸の王道を感じさせる作品となりました。
池西 剛 作
黄瀬戸酒盃 soldout 

size 径59mm×53mm
 
 
1200度を超えるガラスを幾重にも巻き上げ薄く成形することはむつかしい作業ですが、その工程により奥行を感じさせる景色となり、涼感と味わい深さをあわせ持つ作品です。
村上恭一 作 
練上緑結晶ぐい呑 soldout
size 径62mm×60mm
 
 
三段の輪積で制作された本作は、中段を外面にほとんど手を触れず、内面だけに手を入れることにより、“干割た”土肌を意匠として持ち、風格のみならず野趣を感じさせます。
村上恭一 作 
練上墨流ぐい呑 soldout
size 径61mm×55mm
 
 

渋い発色となった正面部は、梅花皮状の釉薬の縮れや胎土からの金属分の湧出などが渋い景色となり、古格・風格を感じさせる佇まいとなっています。
安永 頼正 作
奥高麗ぐい呑
 soldout
size 径61mm×54mm
 
 
紐作りならではの有機的な印象の造型上を、渋い発色の黄胡麻や金属を思わす質感の重厚な窯変が彩り、印象的な景色を描き出します。
多久 守 作 
備前徳利 soldout
size 径86mm×140mm
 
 
勢いを感じさせる轆轤による造型上に、侘枯れた印象の鉄釉が広がりその釉肌に広がる縮緬状の肌が趣を感じさせます。
安永 頼正 作
黒唐津ぐい呑
 soldout
size 径63mm×54mm
 
 
釉薬の濃淡により厚い部分はしゃ白さが際立ち、薄い部分は黄色味が強く油揚手の釉肌が美しく、以前より簡潔さが増した造型上に、黄瀬戸ならではの優美な景色を描き出します。
戸田 優美子 作
黄瀬戸酒盃
 soldout
size 径73mm×61mm
 
 
釉薬は、発色・質感共に味わい深いものとなり、胎土からの材質感・持ちやすいよう心配りのなされた造型・ベベラがかった口縁の捻り返しなど、多彩な景色を誇る作品です。
安永 頼正 作
井戸片口
soldout
size 径125mm×90mm
 
 
コロリとした造型をキャンバスに、青味の強い自然釉や緋色・貝目跡・湿気の桟切などが味わい深い景色を描き出し、その中央に美しい玉垂れが生じ、一期の出会いを感じさせる作品となりました。
新 学 作 
伊賀徳利 soldout
size 径94mm×114mm
 
 
新氏が使う伊賀の土は炎に当たると緋が生じ、ガードされた部分の白味の強い肌との対比の妙を感じさせ、そこに上部から流れ落ちたビードロが玉垂れを生み出し、美しい景色を現出しています。
新 学 作 
伊賀酒盃 soldout
size 径68mm×49mm
 
 
柔らかなフォルムとなった本作は、玉を思わす硬質ながら柔らかさを内包するような質感となり、腰部に生じた玉垂れと共に深い趣を感じさせます。
池西 剛 作
黒高麗注壷
soldout
size 径71mm×58mm
 
 
この作品は、黒高麗ならではの古びた印象の釉調を持ちながらも、その質感は玉を思わす硬質なものとなり、算盤玉の造型と鉄砲口が李朝らしい意匠となっています。
池西 剛 作
黒高麗注壷
 soldout
size 径111mm×92mm
 
 
楽窯の中で何度も向きを変えながら焼上げられたことにより、シットリとした柚子肌と、苔むしたようなカセた肌が混在する器肌となり、非常に表情豊かな作品となりました。
大前 悟 作
黒楽ぐい呑
 soldout
size 径73mm×49mm
 
 
炎の当たり具合により微妙に発色を変える緋色の肌は、箆取りによる石の動いた跡や土の表情をダイレクトに見て取れ、備前の本道を感じさせる作品となりました。
大澤 恒夫 作 
備前ぐい呑
soldout
size 径64
mm×51mm
 
 
今回大澤氏が入手されたこの胎土は、穴窯でしっかりと焼込まれることにより、今まで以上に土から滲み出したような艶やかな緋色を纏い、左党の鉄腸を溶かしそうな備前徳利となりました。
大澤 恒夫 作 
備前徳利
 soldout
size 径80mm×128mm
 
 

この作品はどっしりとした造型上に、美しい緋色と渋いカセ胡麻が印象的な景色を描き出し、大森氏ならではの土味の良さと共に風情豊かな備前徳利となりました。
大森 礼二 作
備前徳利
 soldout
size 径95mm×145mm
 
 
透明釉はマッタリとした質感を湛えながら、突然窯変により青味を帯びた肌となり、衒いの無い草文や腰部の土見せ・そこに現れた自然釉の縮れなどが、唐津ならではの深淵なる趣を感じさせます。
池西 剛 作
絵唐津酒盃 
soldout
size 径68mm×52mm
 
 
各所にヘラ跡や鎬が施された造型上を、自然釉がかかった部分は漆黒の発色、かからなかった部分の土肌は荒く野趣に溢れるものとなり、風格を感じさせる佇まいを持つ作品となっています。
多久 守 作 
引出酒盃 soldout
size 径68mm×54mm
 
 
枇杷色の発色を持つ釉薬上を細かな貫入や釉薬の縮れ・奔放な釉薬のかけ外しが彩り、非常に趣深さを感じさせる作品です。
中川 自然坊 作 
奥高麗ぐい呑
 soldout
size 径70mm×60mm
 
 
この作品は紐作りによる重厚な造型を持ち、20日間に亘る窯焚きにより黄胡麻や青胡麻・紫蘇肌・土肌が美しい景色を織り成す備前徳利です。
原田拾六 作 
備前徳利 soldout
size 径80mm×57mm
 
 
勢いを感じさせる造型上を、釉垂や亀甲型の貫入が井戸ならではの景色を描き出し、口部の山道には柿の蔕を思わすベベラが現れ野趣を添えています。
池西 剛 作
井戸盃
 soldout
size 径92mm×54mm
 
 
柔らかな釉質を持つ本作は、窯の中で赤味を帯びた発色となり、艶やかな佇まいを見せる絵唐津ぐい呑となりました。
川上 清美 作
唐津ぐい呑

size 径75mm×57mm
 
 
鉄釉と藁灰釉が交錯する部分に現れた青は、画像で見る以上に艶やかで美しい発色となり、天恵を感じさせる景色を有しています。
中川 自然坊 作 
朝鮮唐津盃 soldout

size 径81mm×57mm
 
 
この作品は川上清美氏直伝の鉄釉が使われており、奥行きを感じさせる質感や黄唐津を思わせる釉色が美しい作品です。
村山 健太郎 作 
黒唐津ぐい呑

size 径84mm×36mm
 
 
紐作りによるアンシンメトリックながら奇を衒うところのない造形上を、古器を思わす上品な散り胡麻と、備前ならではの土肌が彩り、使い込めば更なる趣を加え座辺の友と呼べる徳利となりそうです。
多久 守 作 
備前徳利 soldout
size 径89mm×140mm
 
 
本来 黄瀬戸は、金属器に由来する端正な造型を持ちますが、同じ作者の手になるであろう織部様式の造型と、油揚手の黄瀬戸釉を融合したこの作品は、現代陶ならではの喜びを感じさせる黄瀬戸酒盃です。
各務賢周 作 
黄瀬戸酒盃 soldout
size 径2mm×145mm
 
 
コロリとした丸味を帯びた造型は愛嬌を感じさせ、しっかりと焼込まれた器肌は重厚な質感の黄胡麻に彩られ、艶やかでありながら落着きを感じさせる佇まいとなっています。
多久 守 作 
備前酒盃 soldout
size 径65mm×50mm
 
 
造型の美しさと鉄釉・藁灰釉の流れの多様さを持つ本作ですが、釉際に現れた美しい藍とその上に浮かぶ藁灰釉の結晶が織りなす景色はこの作品の白眉となっています。
クリストファー・レイヴェンホール 作 
伊部徳利
soldout
size 径90mm×148mm
 
 
切立て型の雄雄しい造型上に、上部の艶やかで美しい発色と、炭に埋もれ焼上げられたため生じた渋い発色が絶妙なコントラストとなり、左右三条の箆取が作品を引き締め、風格を感じさせる佇まいを堪能させます。
杉本貞光 作 
赤ぐい呑
 soldout
size 径70mm×56mm
 
 
釉がけの妙を感じさせる器肌には、既に貫入が侘びた風情を感じさせ、鉄釉上に降りかかった黄胡麻と互いに引き立てあい、非常に風情豊かな表情有する作品となりました。
中川 自然坊 作 
唐津皮鯨ぐい呑
 soldout
size 径67mm×55mm
 
 
豊かな鉄釉の質感と、斑釉の細かが織りなす景色が出合を感じさせ、朝鮮唐津ならではの存在感を感じさせます。
村山 健太郎 作 
朝鮮唐津ぐい呑
 soldout
size 径67mm×59mm
 
 
窯の中、熾に近い場所で焼成された為か、渋い鉄釉の発色の中に赤味を帯びた発色が現れ、一期の出会いを感じさせる作品となりました。
村山 健太郎 作 
黒唐津徳利
 soldout
size 径84mm×132mm
 
 
まるで大井戸茶碗を小さくしたかのような威厳溢れる佇まいを見せる本作は、胴部の右上がりの轆轤目・高台周りの梅花皮・亀甲型の貫入など井戸の王道を感じさせる意匠を持ち、自然坊井戸の典型をなす作品となりました。
中川 自然坊 作 
井戸盃
 soldout
size 径86mm×45mm
 
 
透明釉がかかった作品を穴窯でしっかりと焼込まれたこの作品は、外周の自然釉がタップリとかかった部分はカセ胡麻が生じ枯れた風情を感じさせ、火裏は高温によりシットリとした質感の釉調で艶やかさを感じさせます。
川上 清美 作
無地唐津ぐい呑
soldout
size 径82mm×40mm
 
 
立体造型としての面白さを与えられた器型と、塗土が施された為ネットリとした伊部手の肌、幾重にも降掛った自然釉が融け生じた鮮やかな黄胡麻とその飛胡麻、そのどれもが完成度の高さを感じさせ、伊部手の真髄を感じさせてくれる酒盃となりました。
池西 剛 作
伊部酒盃
 soldout
size 径77mm×49mm
 
 
丸田氏の窯名ともなっている内田皿屋窯では、唐津でも珍しい漁師や農夫など人物をモチーフとした鉄絵が描かれたものがありますが、この作品は飄々としたタッチにより林ときこりが生き生きと描かれており、軽妙洒脱な絵唐津の醍醐味を感じさせられます。
丸田 宗彦 作 
唐津織部ぐい呑
soldout
size64mm×高57mm
 
 
手捻りならではのコロリとした造型と、独特の口縁の山道が印象的な佇まいとなり、古格を感じさせる信楽土の質感・素材感を持つ器肌を、シットリとした自然釉が彩り味わいを感じさせます。
沖 康史 作 
信楽酒盃 soldout
  
size76mm×高42mm
 
 

赤味がさした土肌と黄胡麻が趣き深い景色を描き出す酒盃です。お酒をすり込みながら使い込むほどに、ネットリとした肌へと育ち、大森作品ならではの土味をご堪能頂けます。
大森 礼二 作
備前盃
 soldout
size 径88mm×45mm
 
 
緊張感を纏う凛とした造型上を、美しく趣き深い黄瀬戸釉が染め上げ、諸所には釉溜りやコゲが生じ、味わい深い佇まいを見せています。
池西 剛 作
黄瀬戸六角盃
soldout
size 径70mm×49mm
 
 
正面部の凸部には細かな櫛目状の斜線が刻まれ、豊かな織部釉越しに野趣を感じさせ、左面の段をなす箆取りと呼応する意匠となっています。
槙 黄州 作
絵粉引酒盃
soldout
size 径84mm×42mm
 
 
窯床に面し牡丹餅とされた土肌は、ネットリとした土肌が備前らしい質感を楽しませ、それを囲むように青味を帯びた桟切や、渋い発色となった黄胡麻が彩りを添え、渋い佇まいを現出しています。
森本 良信 作 
備前灰被酒盃 soldout
size 径62mm×60mm
 
 
明るい発色の黄瀬戸釉が美しい本作は、腰部から勢いよく切り上げられた箆取と、深く穿たれた箆跡が印象的な意匠となり、淡い発色のタンパンとコゲが味わいを添え、味わい深い景色を見せています。
各務賢周 作 
黄瀬戸酒盃 soldout
size 径57mm×51mm
 
 
板作りで成型された本作品は、まず鉄釉が施された後純白の化粧土が掛けられ、それを掻き落とすことにより刻文が穿たれ、内田鋼一氏ならではの奔放な幾何学文を持つ印象的な筒花入となりました。
内田 鋼一 作
刻文花入 soldout
size 径115mm×252mm
 
 
 
作品案内ページへ

labo@mx8.tiki.ne.jp
やきもの通信”について
当ギャラリーでは、現在 お客様に 不定期では有りますが新作入荷情報やトピックス等を“やきもの通信”として発信しております。送信をご希望のお客様は

 @お名前
 A郵便番号
 Bご住所
 Cお電話番号
 Dメールアドレス 
 Eお好みの作品
  作家・ジャンルなど

を明記の上こちらからお申し込み下さい。
当サイトに属する画像並びに文章を弊店の不許可でのご使用はご遠慮下さい。
 特選茶碗
ENTER
特選湯呑 Collection
現在の焼酎ブ−ムによりお湯呑は酒器としても重宝されています。一期一会の出会いを感じる湯呑をご紹介致して参ります。
ENTER
長野佐喜甫先生の新作酒器袋を掲載致しました。こちらからご覧下さい。
ENTER
  

 
株式会社 きものラボ
愛媛県今治市常盤町3−5−8
TEL 0898-22-8201
営業時間
午前10:30〜午後7:00
定休日 水曜日

e-mail labo@mx8.tiki.ne.jp
 
リンクについて
当サイトは基本的にリンクフリーです。
できれば相互リンクを希望します。
リンクを貼って頂ける際は、ご一報頂ければ幸いです。
リンクの際はこちらのバナーをお使い頂ければ幸いです
  
 
 
サイズは4.1KBです。
 
このサイトは,InternetExplorer5以降に,最適化されています。あまり見にくい場合はこちらからInternetExplorerをダウンロードしてからご覧ください。
Internet Explorerの
ダウンロードはこちらから
 
 
作家一覧
 
■新 学
■池西 剛
■内田 鋼一
■大澤 恒夫
■大前 悟
■大森 礼二
■沖 康史
■各務 周海
■各務 賢周
■川上 清美
■クリストファ−
 レイヴェンホ−ル
■小山 日出男
■笹山 芳人
■ジェフ・シャピロ
■杉本 貞光
■多久 守
■戸田 優美子
■中川 自然坊
■原田 拾六
■藤田 登太郎
■槙 黄州
■森本良信
 

special thaks
MAKI KOUSYU
OGITA TETUROU

このサイトを始めるにあたって 陶芸家の諸先生方、並びに沢山の方々に大変お世話になった事を感謝しお礼申し上げます。

特に陶芸家・槇黄州先生には私が全くの素人の時から、PCの件などで非常にご迷惑をお掛けしたにもかかわらず、現在に至るまで 変わらぬご指導を頂いている事を深く感謝しております。


備前焼 池西剛・大澤恒夫・クリストファ−レイヴェンホ−ル・多久守・原田拾六唐津焼 岡本作礼・川上清美・中川自然坊信楽焼 杉本貞光・沖康史、美濃焼 藤田登太郎・各務賢周、粉引 槙黄州・内田鋼一 等の作品を展示販売しています。取り扱い作品は、備前焼・伊部手・火襷・窯変・朝鮮唐津・斑唐津・絵唐津・皮鯨・信楽焼・志野・黄瀬戸・粉引・黒高麗・井戸・楽 等の徳利・ぐい呑など、土物の酒器を中心とした焼物のサイトです。