漫才魂


笑いの方程式とは
一段落としの笑いの方程式
二段落としの笑いの方程式
二段落とし(言葉・洒落)
★二段落とし(言葉・慣用句)
二段落とし(言葉・意味の幅)
二段落とし(言葉・抽象)
二段落とし(言葉・連想)
二段落とし(言葉・評価の差)
二段落とし(言葉・行動決定の差)
二段落とし(言葉・結果の推論
(順行推論)の差)

二段落とし(言葉・過去の推論
(逆行推論)の差)

二段落とし(言葉・特殊)
二段落とし(視覚・感情)
二段落とし(視覚・動機)
笑いのフローチャート
漫才とは
二段落とし(言葉・慣用句)
2005年 124 暇
自分:暇だね〜。
相方:そうだね〜。
自分:何か面白い事ないかな。
相方:う〜ん。
自分:しょうがないから街にでも出ようか!?
相方:うん!ガールハントでもしよう!
自分:いいね!ちょっと猟銃買ってくる!
相方:おい!ちょっと待て!お巡りさーん!
解説:「言葉・慣用句」とは、文字通り「慣用句」を用いた笑いの取り方です。 その笑いの取り方は、「言葉・洒落」と全く同じと言ってもいいでしょう。 上記のネタの場合、観客は「ガールハント」と聞いて、慣用句が持つ通常の意味をイメージします。 そこで、ボケ役(自分)に、慣用句の額面通りの残酷な事をさせてやるのです。よって、「ガールハント」の 価値と意味が逆転して、非常に純度の高い笑いが得られるのです。 又、冗長を取り除く変数の値は、もちろん「慣用句」です。
各変数の値
価値:ガールハント(プラス)⇒ガールハント(マイナス)
意味:楽しい事⇔楽しくない事
冗長:慣用句