家相入門 > 家相風水FAQ > 中心エリア・宅心エリア


中心エリア・宅心エリア

【関連ページ】
建物の宅心・宅心エリア/家相入門

宅心エリアについて

宅心エリアとはおおよそどの辺りまでを言うのでしょうか。
敷地が狭く、3間ほどの間口の場合、多くの部分を「宅心エリア」としてしまう と、間取りが入らないので。

回答

宅心エリアについて
まず核である家の中心を求めます。短辺方向の三分の一の長さを一辺として、そ の辺の長さで核となる家の中心を取り囲んだ正方形の枠内が宅心エリアとなりま す。
質問のように宅心エリアが間取りないとならない場合は、欠け構相となり、
家相 としてみた場合、居住者に病人が多発し、発展の地が全く得られない凶相を意味 します。

宅心のLDK

LDKの位置なのですが、建物の形上キッチンセットがどうしても家の中心にくる間取りになってしまいかなり悩んでいます。位置をずらすのであれば、北西の位置にしかずらすことが出来ないのですが、このような場合対処方法はあるのでしょうか。

回答

家の中心(宅心)及びその中心を取り囲むエリアとなる宅心エリア内に、不浄な気及び湿気が発生する用途が設置されているのは、良気が各方位に通気される、通気バラン スがたもたれない構相となり、病人が多発したりする相となります。
可能であれば、北西右エリア又は、左エリアに設置し、支障のない方位での設置 をすることです。

家の中心

家の中心は中心点から何メートルエリアのことを言うのでしょうか?
中心点から1m離れた位置に吹き抜けがあります。
凶作用をうけますか?

回答

宅心エリア(中心核エリア)は、建物の外壁形状による面積バランスにより指標されます。
簡単に説明すると、建物の短辺となる梁架構外壁間方向の長さを、決められた原則 で区分し、これを一辺長として宅心を取り囲むよう構成された四辺形エリアが、 宅心エリアとなり、建物によりこのエリアの大きさは変わります。

吹抜けが宅心エリアに含まれていて立体通気発生の構相であれば、欠けによる凶意の影響力が大きく発生します。 病人が絶えることがなく多発し、家庭運気としても律気(盛運気)が全く得られ ず、最もよくない家相の一つです。


中心エリアのパソコン

家の中央は一番パワーが強いといいますが、水まわりや火気はさけました。
中心はリビングの端になり、主人と私のパソコンがならんでいます。
おそらく寝る時間以外はここにいる時間が一番長いと思われます。
パソコンは中 心にあっても大丈夫でしょうか?
もう位置がずらせないのですが、だめな場合はどういう手立てをうてば凶相が弱まりますか?

答え

宅心エリアにパソコンを置いても問題ありません。
※宅心エリアは、家の核となるエリアにて建築する1階の面積及び形体によって判断します。


中心線と中心エリア

表・裏鬼門の方向やそれ以外の方向にキッチンや浴室・トイレ等を設置しても四 隅線エリア(中心線15度)内にかかっていなければ影響の発生は無い という 事ですが、3分の1ほどかかってしまう場合 どうように考えればよいのでしょ うか?
キッチンやトイレならずらしたりできそうですが、浴室の場合向きをかえてもや はり中心線15度にかかってしまいます。
3分の1ほどなら多少かかっても無いと見るのでしょうか? それとも完全にかからない方が良いのでしょうか?

回答

家相は、自然との良好な共生をするために、良好な居住環境とするための物です。 したがって方位は大切な判断指標となります。
浴槽が方位中心線のどの方位にかかるかによって対処法が異なります。
中心エリアを避ければ、影響の発生は補正することで弱小とすることは可能です が、無しとはなりません、誤解をしないように。





家相、風水