家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 南西の玄関


玄関について

南西の玄関

南西の玄関にしようと思うのですが、玄関ドアの向きは東向きでも大丈夫でしょうか。

回答

玄関ドアの向きは東向きで良いと思いますが、玄関の方位が裏鬼門(南西)(凶 方位エリア)となっています。
家相の考えを大切にしたいのであれば、裏鬼門(南西)の玄関は避けた方が良い と思います。


裏鬼門の玄関

玄関ドア開口部が裏鬼門15度線上に来ています。
生まれ年の補正によっては、良くない影響を防ぐことが出来るとかいてありましたが、どのようにすればよいでしょうか。

回答

裏鬼門に設置されている玄関の一時的な対処としては、玄関が設置されている地 場に植芝をして緑被をして、樹気の持つ浄化機能により腐敗気が発生するのを防 ぎ、玄関内に通気されるのを防ぐ。
そして、東正中方位からの気を取り入れることで、補正する。

南西の玄関

南西に玄関を設置予定です。こちらでは、『南西の張り、欠けともに凶』とありますが、ある家相の本によると『玄関は家相でいえば、開きにあたり、張りも欠けもないようにしても凶。そのため、玄関は張り出してつけ、くぼんだ場所にするのは避ける』とあります。
どうしたら良いでしょうか

答え

  玄関は張り形体を構成し、そして設置する、この事はよい対処となります。
しかし、質問の南西四隅エリアに玄関を設置することが良い方位の設置となりません。

どうしてもこのエリアに設置するのであれば、玄関ドア開口部を必ず南西四隅線15度エリアを避けて設置すること。
北東及び南西エリアの張り欠けについては、診断者により様々な判断をしているようですが、私は、張り欠けなしが良しと判断します。
開きとしての影響を防ぐのであれば、ポーチ及び玄関の床を良気発生の陶土質タイルを貼り、アプローチエリアに植芝及び植樹をし樹気効果により南西方位に発生する腐敗気を防ぎ、玄関からの流入を防ぐことです。
各方位というのは、自然と良い共生を保つための判断をする指標です、この事を大切に。

玄関の位置について

今度建てる家の玄関の方角のことですが、入口ドア付近は南のエリア内なのです が、半分から奥が南西エリアに入ってしまいます。この場合の玄関の位置はどう なるのでしょうか?

答え

2つの方位にかかる場合、どちらの気の影響力が大であるかで判断します。 それは、外気と接するエリアが大となる方位です。
入口ドア(開放部)が南方位のエリアであれば、南の影響力が大と思われます。



家相、風水