家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 居住している建物の家相


居住している建物の家相

間取りの良し悪しで対処できない事もありますが、参考として下さい。

居住している建物の家相

2年前に建売住宅を購入しました。
そのときは家相には特に注意を払いませんで した。偶然貴サイトを見つけ、家相のことが気になり、図面を取り出してみまし た。
ま東ま西に長い長方形の家で西北西にある玄関の部分がわずかに欠けになっ ています。
気になったのは二階のトイレで、鬼門の北東四隅線そのものにはかか らないものの、便器の端が北東四隅線15度エリアに入ってしまいます。
排水口はエリア外です。

回答

文面の指標(方角)が正しい事を前提に回答すれば、玄関の方角としては問題は無いようです。
欠けているとの事ですが欠け上部に屋根や、そで壁がついていれば影響は少なく なる可能性はあります。
トイレが鬼門内にあるのであれば、家相としては凶相となりますが、2階の設置 という事であれば、影響は1階より小さいものと判断します。

尚、2階トイレの階下がトイレではなく居室である場合は、要注意となります。
家相は各居室の良し悪しも大切ですが、全体のバランスも大切ですので、家族に とって良い間取りかどうかの判断は大切です。

裏鬼門の大がけ修復工事

現在住んでいる家は、裏鬼門に大がけがあり、裏鬼門の玄関、裏鬼門に吹き抜け、 また、真北にトイレがあります。
そのせいか長男が未年なのですが、運勢が良いほうへ向かわない状況です。不登 校からはじまり勉強はいっさいしないという状況です。
その後下の長女も学校へ行かなくなったりと問題ばかり起きるようになりました。
そこで悪いと思われる箇所をすべて工事することになったのですが、この際まと めて工事する場合どこかへ引越し、気抜きをして工事に入ったほうが良いのでし ょうか。

回答

文面の間取りから判断する限りでは、家相としてはよくない間取りのようです。
お子様がその地で生まれたのであれば、家相の影響が大きいと考えられますが、 他所からの移動であれば、引越の際に凶殺方位に移動をしていないかも確認する 必要があります。

家相を大きく変更して吉の効果が受けられる家に居住する事を希望するのであれ ば、家族それぞれの九星に適した方位に仮居住をし、吉の効果を得たのち永居住 をする対処が大切です。
家相変更の際には、気抜きを行う事も大切です。






家相、風水