家相風水・家相入門> 家相風水診断 > トイレ・浄化槽


トイレ

北のトイレについて

新築を計画しておりまして、間取りの配置上トイレが正中線エリアに掛かってしまいます。
北に配置してある南向きのトイレが正中線は壁を通っていますがエリア(15度内)には、どうしても器具掛かっています。やはり、水周り器具は線上だけでなくエリアに掛かるのもだめなんでしょうか。

回答

全体の間取りや、家族の九星干支も含めての判断が大切ですが、トイレだけで判断すれば、北正中線上を避けることが大切です。
文面では正中15度エリアがかかっていても、線上を避けているようですので、左エリアか、右エリアも含まれるはずですので比較的無難な配置となるはずです。


突き当たりのトイレ

北西に玄関の突き当たりに、お手洗いがあります。
この様な間取りは変更すべきなのでしょうか、どうでしょうか。

回答

トイレの出入口建具の近くの生活をする上で、支障のない位置に、スペースがあれば少し大きめの植物を置くことで、対立相を避けることも一つの方法です。
そのうえ樹気の持つ浄化、いやしの機能も適用できます。
対立相とは、いつも相手を意識することで、神経質な状態となり次第に周囲との 人とトラブルが発生します。
このような理由から、対立相は避けることが大切です。

北の正中線上にトイレ

現在マンションの購入を検討しています。北の正中線上にトイレがある間取りと なっています。
主人は一白水星、私は九紫火星です。現在、子どもはいません。
正中線上、鬼門にあたる北東は避けるべきとのことですが、この間取りのマンシ ョンを購入した場合どういったマイナスの影響が現れるのでしょうか?
また、この間取りのマイナスの影響を弱める方法はあるのでしょうか?

回答

主人の本命運気にとって、凶意の影響力が発生する構相です。
影響力とは、家庭和が不安定になり、人間関係の和にも恵まれず、特に男性にと って禍となって発生します。
補正の方法としては、便器の近くに棚を設け、植物を置き、樹気の持つ浄化機能 を適用して対処することも一つの方法です。
室内は、第一に外部からの支合補正通気を大切にし、常に清掃をして、清潔を保つことに心掛ける。


便所の配置について

今度、家を新築するのですが、図面で水廻りは全て四隅線(15°)を避けるようにはしたのですが便所が北東の45°内に入っています。たとえ四隅線を避けても北東の鬼門ということになってしまうのでしょうか?
また、このまま建てたらよくないのでしょうか?

回答

こんにちは。北東45度エリア内の中心15度エリア外で便器がエリアの東寄りであれば、東の活生気を得られるエリアで問題無し。
北寄りのエリアであれば、用途対策をし、影響力の発生を弱小とする。
いずれも、家族の中の十二支方位であれば、十二支方位に便器がかからないような配置とする事は大切です。


トイレの位置

よく、一階と二階にトイレがある場合、位置を揃えた方がいいと言われますが、それはホントなのでしょうか? また、揃えるとは、何処まで揃えるのでしょうか?
例えば、パイプの位置が揃えればいいのか、便器の位置か、間取り自体上と下を揃えるのか どういう事なのでしょうか。

答え

適合方位であり便器が各方位の中心線上を避けていれば必ずしも同一方位の一階二階に設置することはありません。
配管設備の施工がシンプルになりコストダウンとなるためには上下同位置の設置となります。

トイレと寝室

寝室とトイレが隣接していますが家相上は大丈夫でしょうか?
またスペースの関係上、ベッドとトイレが壁1枚隔てて平行に位置していますが 大丈夫ですか?

回答

トイレがどの方位に設置されているかで影響力の発生が違います。
先ず簡易な用途対策とし、トイレ内に木の棚を設け植物を置き、浄気効果と便器 廻りのマット、便座のカバー取り付けによるよくない気の発生を弱小とする。
そして、寝室に植物を置き樹気効果を適用することでも良し。


家相、風水