家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 門・入口の位置・向き


門・入口

門の位置

門の位置なんですが、四隅線上になります。
玄関は南から入るようになり、門は東から入ります。
狭くて玄関からすぐ門です。
その上四隅線上です。どうすればよろしいでしょうか?教えてください。
車庫をずらすか、門を斜めにしても問題無いですか。
道路と門は平行でなくでも良いですか。

回答

東正中エリアの門位置とした場合、門としての方位は吉相となります。
正中15度エリアは避けた方が無難ですが、東正中エリアの門となりますので質問の内容の範囲であれば問題は無いと思います。
門の向きについては、良相とするためにあえて向きを変える事もあり平行でない事もあります。

高低差のある門について

今考えている土地が、北側道路のため、玄関は北西にできたのですが 門がどうしても北にしか作れません、
しかも北、北東の駐車場部分が道路と同じ高さで、 家、庭部分が1.3メートルほど高くなります。
門は玄関より低い位置に作らない方が いいという事ですが、
北方向、低い位置に作るのと、いっそ作らないのではどちらがいいのでしょうか?

回答

玄関と接道している路面との段差が、1メートル以上高いのは凶相となります。 門を路面との段差が30cm程度で、玄関までの段差が1メートル程度となる、高 さの調整がしやすい位置に設置。
門の設置する方位は、北西右エリア(亥の方位)とし、玄関の配置を北西左エリ ア(戌の方位)とする。
自己の運気を大きく開拓していくことが可能となる、相乗して吉の効果が得られ る方位に設置することであれば、問題ありません。

門の方位について

玄関が干支の方位は良くないということですが、 門も家族の干支の方位は避けるべきでしょうか?

回答

門は玄関と異なり、玄関と同じような張り欠けによる影響は、弱小となります。
ただし、玄関は門との関連が強く影響しますので、玄関が門からの相乗効果が得 られる方位に配置する事により、吉の影響力の発生となります。

門は家の中心から見るのか土地の中心から見るのか

いつも参考にさせて頂いております。門は家の中心から見るのか土地の中心から見るのか教えて頂けますでしょうか? 

回答

玄関が家の顔とすれば、門は敷地の顔となります。
門は敷地の中心から方位指標をしての判断となりますが、大切なことは、玄関が配置される方位が、相乗しての吉方効果が得られるか否かの判断も、大切な要因となります。
玄関の配置方位との相乗効果が得られない場合は、家相上の敷地分筆をして、対 処することも可能です。

門柱だけのオープンタイプの外構について

門について教えてください。今、オープンタイプの門周りを検討中です。(門扉はなく門柱のみです)北側道路に面した土地です。
北正中線上に門扉がくるのはよくないとありますが、門柱のみの場合、門扉のように限られたアプロー チはありません。
どこでも通って玄関までいけてしまいます。門柱のみの場合はどのようにかんがえればよろし いでしょうか?
北正中線上に門柱を設置しなければよいのでしょうか? 

回答

門柱だけで敷地と道路を区分する塀なども無い、自由に出入り可能な、開放された外構ということで、お答えします。
家相からみた場合、門は敷地に対しての方位効果を得る場所。
玄関は、家に対して方位効果を得る場所で、玄関との方位効果の調和を考え設け ることで、相乗効果が吉となって発生します。
家の中心から見て、左側になる門柱に姓名のみを門札を取り付けると接道効果あり。 その事により、オープンタイプの外構は、できれば避けることがよしとします。
敷地境となる部分に、低木の植樹あるいは、区分されていることがわかるような外構形体とすることをおすすめします。
道路から、敷地内へはいるための接道部分は、北正中線、エリアがかからないよ うにすることです。


門の向きについて

うちは自営をしています。今度、自宅の東側にカーポートをつけることになり、それに伴い門の位置を変えることになりました。
いろいろ本を読んでいると、生まれの干支なども関係しているようですが、どうなんでしょうか。
今は東向きになっていますが、カーポートに少しかかってしまうため、東南にしようか、もう少し南よりにしようか迷っています。
その本によると、主人の干支と重なると東南でも凶相になるとのことで、主人である父の干支である巳がちょうど東南に重なっていました。
やはり東南は避けた方がいいのでしょうか。
アドバイスお願いいたします。

答え

門は社会との接点の大切な部分です。
東南の門は吉方位の門となります。
主人である父の干支の件ですが、干支は、地の気いわゆる病気の吉凶の影響が
あります。
したがって巳の位置を避け、東南でも東東南いわゆる東よりには位置してください。
なお、巳年の人は西、北東も大切な方位となります。

敷地内に設ける入口について

ただいま新居がほぼ完成し、外構工事を検討しています。
火とが出入りする入口と、ガレージ用の伸縮できるゲートを設けようとしました。
ところが私の父が、同じ敷地内に2ヵ所入口を設けることは、家相上、非常に良くないと、すごい剣幕で騒いでいます。
津で2歩母子用も決定し明日申し込みに行くといった段階になってこういう事を言い出しました。
お金を出してくれるのが父なだけに、こちらの言い分を通しづらいのが現状です。
しかしながら、考えているプランは現代の一般的な設定だと思うのですが。
現代人の中で、家相をそれほど気にする人も少ないと思うのですが、昔からのものだけに気になることも事実です。
さんこうまでに、建物は、東から入り、門は北東から、車は東からはいることになります。
やはりこういう設定だと何かまずのでしょうか。教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

答え

北東の門は凶方位の設置となりますが、全体敷地に対しての正確な敷地と道路の接合方位、入口の設置方位が判明しないと質問についての回答は不可能となります。
人用、専用との入口が2ヵ所設置されていることは問題ありませんが、設置方位によっては凶の影響が発生し、大きな問題となります。
方位学に多少偏見を持たれているようですが、古代人、現代人にかかわらず人が自然の中で生命を保つために自然と共生していくため、方位による良い環境状態を判断するのが方位学です。
無機質のビルの中で仕事をするという生活を続けている現代人には特に大切です。




家相、風水