家相入門 > 家相風水FAQ > サンルーム


サンルーム

立水栓を含んだサンルーム

欠け張りのない長方形の現在住んでいる家の増築(サンルーム)についてお尋ねい たします。
北東、東、南東の方位にサンルームをつなげたいと考えているのですが、そのサ ンルームの中に現在ある立水栓を含む設計にすると居住空間になるというご説明 を拝見いたしました。その場合、家の中心もやはりサンルームを含んだ家相にな り、ずれてくるものなのでしょうか。
また立水栓を含まなければ、現在の家の中心はずれずに変わらないのでしょうか。
ちなみにサンルーム部分の基礎はコンクリ、床材はテラコッタと無垢材です。
南東の玄関内部にある勝手口からサンルームへつながる予定です。

回答

今回のように、既存の建物に新しく基礎を接続してサンルームを設けるのであれ ば、そのサンルームも含めて建物の中心を新たに指標します。
給水栓を含むのであれば、給水栓を設ける部分を少し張り構相として計画します。
全体の間取りを判断しないといけませんが、この形体のサンルームは欠け相とな るかもしれません。

サンルームについて

縁側と植物を置くサンルームを作ろうと思っているのですが、前に縁側は欠けになると聞きました。
サンルームも欠けになるのでしょうか?
もし欠けになるとしたら、その分を前に出して作ればいいのですか?

答え

縁側は、幅は90cmまでは欠けになりません、部屋の一部とします。
このサンルームは植物の気の作用が発生しますので、欠けになりません。
ただし、植物を置かず、給水口を設置した場合は欠けと見なします。
そして、壁面線より前に出した場合は張りとなります。

サンルームについて

私の家は、東南に欠けがあるのでサンルームを欠けの補修のため東南につけようと思います。
エクステリアの本に載っている普通のサンルームで欠けの補修になるのでしょうか。
また、欠けの部分よりも幅が少し小さなサンルームをつけても欠けの補修になるのでしょうか。
そのほか気をつけなければいけないことがあればよろしくお願いします。

回答

市販されている高さ2100以上のサンルームを設置することで、欠け形体の補正となります。
ただし、必ず床面をフローリング等の床貼り、又は、陶土質タイルなどを敷込みマイナスの気が発生しないように対処し、室内空間を保つことが大切です。



家相、風水