家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 二世帯住宅(3)


二世帯住宅(3)

二世帯住宅の家相

二世帯住宅です。玄関や水回りすべて別々です。
外階段で二階に住んでいます。 
設計図面で方位を出したんですけど、東玄関になります。

あと張りが東南と西南にあります。
主人にとって悪くないですか?
悪い場合どうしたらいいでしょうか?

回答

図面を見る必要はありますが、東玄関であれば、方位エリアとして吉相。
欠けは無く、東南の張りは吉相。
南西の張りは凶相。

主人の健康運気の核となる方位が東方位となるので、東玄関エリアが大切とな ります。
清掃を心がけ玄関エリアが清浄となるよう心がければ問題は無いと思います。

分離二世帯住宅(平体タイプ)

うちは主人の親と同居で分離二世帯住宅(平体タイプ)です。渡り廊下が無く、増築接合形体の二世帯住宅なのですが1方の家屋は古く(風呂・洗面所・キッチン・2階部分も使用不可)で唯一1階の1部屋のみ両親が寝室として使用しており、家族は皆新しい家屋のほうでほぼ生活をしております。

このような場合、家相は個々の建物でみるのしょうか。
また別に1軒、今は使用しておらず物置になっている古い家屋があるのですが、生活スペースとして使用していない家屋も家相としてみるのでしょうか。

回答

旧家屋と新家屋が完全に分離されているのであれば、それぞれの家相を判断する事となります。
また、全体の形状として問題ないかも判断する必要があります。
旧家屋は、キッチン風呂、2階の居室つが使用できない状態(トイレは不明)としても、両親が就寝の場所として利用していますので、間取りとしての影響は発生します。
敷地内に複数の建物がある場合は、土地相との関係も含めて判断する必要があります。





家相、風水