家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 荒神棚・縁起棚など


神棚以外(荒神棚・縁起棚・恵比寿棚)

大黒様(恵比須神)について

初めて相談させていただきます。家の中の西の方角、和室に元々は神棚や仏壇を 設置するようにきってある場所に高さ30cmほどの大黒様を供えて毎日手を合わ せております。
現在神棚、仏壇は所有していません。家は自営です。
私が毎朝水、お米を供えて稼業繁栄、家内安全を祈願しております。祀り方など はこれでいいのでしょうか。

回答

一昔前は、恵比須神(大黒様も含む)を祀る家が多かったのですが、今は少なく なりました。
形としては神棚のように棚を設け、 毎日手を合わせている神像を宮形(厨子)内に納め奉安し、毎日拝礼奉仕します。
商売をされているのであれば、この祀り方が大切となります。

神棚の場所について

神棚ではありませんが、それに近いものをお祭りする予定です。
家はマンションン1階です。 
場所は リビングですが、家の中央で南向きのところを考えています。
ただ、人は通りませんが、その下に、インターホン、電話があります。

回答

住宅事情でやむを得ない場合をのぞいて
インターホン、電話などの突発的に騒音の発生する場所は、神棚を祀らない方がよいでしょう。
この様な騒音の場所以外の中央であれば問題はありません。

縁起棚について

亡父が商売を自宅の一階でしておりまして、その関係か神棚を神仏混在で奉っていました。
薬師様と不動明王を神棚に奉り狭い三社の中に。お稲荷さんもその中です。
すぐにどうにかなる問題でもないのですが、アドヴァイス頂けたら幸いです。

回答

現在の神棚の祀り方は、お父様がご商売をされていた関係で、縁起棚として奉齋したもので、一般家庭ではあまり見ない方法です。
商売繁盛・縁起だけを願い、縁起の良い物を集め飾って祝う神棚で、飲食関係に多い棚です。(稲荷(狐)・猫・だるま・不動・観音・七福神など) 朝夕の奉仕が滞りなく行うことができるのであれば、大きく問題となる神棚ではありません。

既にご商売をされていないのであれば、今まで使用していた神棚を新しい神棚に取り替える事を近くの神社などに相談してみてください。相応の玉串料は必要となりますが、次の炊きあげの時期まで預かってもらえるはずです。


荒神棚について

神棚が家の中心からして南西の部屋、仏壇の斜め左上方(向きは神棚、仏壇とも北東向き)にあったため、位置を北西の部屋に移し、南東向きに変えようと考えました。
しかし、そこはDKで荒神様も祀られています。神棚と荒神様を同部屋でお祀りしても大丈夫でしょうか?

回答

荒神様は、広範囲で祀られていて、荒神棚用の宮形と呼ばれるもので祀られてい ることもあります。
現在どのように祀られているかは、文面では判断できませんが、 「本つ神棚(一家の神棚)」と同部屋に祀ることについては、問題ありませんの で、同様に奉仕して下さい。
尚、陰陽道などの特殊な祀り方をしている場合は、地域の風習に従って下さい。

荒神(カマド神)

荒神様の祀り方を教えて下さい。

答え

一般に荒神は、カマド神にて、火を使用する部屋で祀る事です。 東、東南、南向きとし、神棚を祀り位置に準じて判断する事です。 ※地域によって違うこともあります。

神棚を譲り受ける

実家から、神棚を譲り受ける事になりました。
6〜70年は経っているものだと思いますが、こういったものを譲り受けて移設しても、問題はないのでしょうか。
私自身は、ぜひ家に祀りたいと思っています。いかがなものでしょうか。

答え

この様な場合、その神棚にどのような神が祀られていたのかを知る必要があります。

1.その神棚に祀られていた神が、神宮大麻、金比羅、愛宕、春日など地域の神社である場合。
依代(よりしろ)である神符が神棚でよく祀られ、宮代が清浄であるのならば問題なし。
いままでの神符はその神社に納め、必ず奉拝すること。
家での祀り方は、神棚を祀る作法通りとし、早期に地元の神社にお参りをする事。

2.その神棚(棚)で祀られていた神が通称、屋敷神(大黒、蛭子、狐、蛇、狸、河童、フナダマサン・祖霊神等々・・)である場合。
これらの神は、家運の盛衰を露骨に表すとされ、下手をすると祟るといわれるので、この場合は毎日丁寧に祀りこめるのが原則となります。
ただし、大切に扱えば家運繁栄となるといわれています。

その屋敷神を祀る作法があるのならば、良く聞いておくこと。
通常は神棚を祀るのは男ですが、女でないといけない神もいるようですので必ず聞いておいて下さい。(家の神の祀りは主婦が司ることが多い)
それから、地元の産土神も一緒に祀っていたと考えられますので、神符をどのように納めていたかも聞いておくとよいでしょう。

神棚の色

神棚の色というのは何かあるのでしょうか?
うちには黒い神棚があったらしいのですが・・・

答え

通常、神宮大麻や氏神を祀る神棚は無垢の白木(素木)を良しとします。
宮型も同様となりますが、
今回の質問から考えるに、縁起棚あるいはこれに近いものかもしれません。

縁起棚とは、伊勢大麻や産土神・氏神を祀る神棚とは別に、恵比寿(蛭子)神や大黒天、 稲荷神などを祭神とする神棚は、縁起棚(地域によっては別の名前)と呼ばれ、神像や神札を納めて祀りました。
地域によってかなり違いますが、お面や打出小槌(うちでのこづち)提灯などを飾った派手なものもあります。色も綺麗に塗られていることが多く、商店などではよく見かけます。
実物を見ないと何ともいえないですが、参考としてください。



家相、風水