家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 物件購入時の注意


物件購入時の注意

建売住宅の家相

建売り購入ですが着工前なので間取り変更を検討中です 北道路で東西に長い長方形の建物で、出来るだけ南側にリビング、和室を設けた いのですが、間取り調整でどうしても玄関・キッチン・水場いづれかが鬼門にか かってしまいます。
今検討中なのは北西に浴室(浴槽が乾)、トイレは北西(タンクが亥)、東北〜東に かけてのキッチン(火気・水気は東の乙)と北玄関(正中線エリア内)で問題ありま すか。
主人の本命星が北西方位なので風水ではお風呂でゆったり寛げば吉と知りましたが、家相ではどうでしょうか。

回答

まず基本として玄関、トイレ、キッチンがよい間取りとなるように検討すること が大切です。
少しわからない部分もありますが、トイレ便座が北西四隅右エリア(亥)内に設 置されているのであればまずまず良し。
コンロ、シンク排水口が、東正中右エリア(乙)内に配置されているのであれば 問題無し。
玄関戸が北正中線15度エリア(子)内にあれば懸念あり。
浴室は浴槽の位置が少し問題があるように思いますが、方位としては無難な方位 ですので浴槽の位置の変更などで、対処できれば懸念は少ないと思われます。
主人が六白金星であれば、浴室トイレが運気に関わる方位の配置となっています。
この場所の空気が淀むことの無いよう、通気を大切に、清浄に保つことが大切と なります。


良い家を買う

やはり、家を購入するにあたり、いい家に住みたいとおもいますので、方法を教 えてください。

答え

購入に際して大切なことは、移動入居する日となります。
吉方入居が、可能となる方位の物件を購入することが大切です。
家相の良し悪しの影響は、入居5年後の発生となりますが、移動による影響の良 し悪しは、早期に発生します。
移動の良し悪しの判断は、主人・妻の共通吉方位で判断することです。
ただし、極端に悪い家相ですと早期に影響が発生します。

物件購入で気をつけることを教えて下さい

物件購入で気をつけることを教えて下さい

答え

a.現居住地からの移動で、吉方位移動が可能である事。凶方位の移動物件は避 ける。
b.玄関・トイレの設置方位が凶方位でない事。これは、この家に居住する人の生 年月日により判断する事が大切。
c.欠けのある家は避ける−補正が可能であれば問題なし。
上記の事項は、必ず大切に。

八方塞がり

私は今年四緑木星のため、八方ふさがりだと本で読んだのですが、家を建てても よろしいものなのでしょうか。
また、引っ越し先は西北西で少し北西にかかるので、暗険殺の影響がでないか心 配です。
西北西でも西よりだと大丈夫なものでしょうか。

回答

基本的に中宮の時は、家を建てるといった大きな決断と実行は避ける事が良しと されています。
理由として、八方塞がりの年で方災を受けやすいという解釈と反面、全てにおい て中心となり、強大な力を発揮していく運気でもあり、移動などにより良い方位 効果が得られるか否かで判断することも大切です。

質問の内容からすれば、西北西(西寄り)方位とのことですが、西の方位影響力 が大きく発生する融合エリア内での、短距離間の移動であれば、吉方位とする月 に移動すれば年方位の影響力は弱小となります。

その際は必ず本命日破殺日及び日破殺方位日は避けること。





家相、風水