家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 階段内の中心


階段内の中心

鬼門線上にある家の中心付近の階段について

現在進めている間取りで、ただ1つ とても気になるのが、階段の位置です。
上り口が わりと家の中心部に近い所(居間内)から始まり、鬼門である洗面所の上を通り東北側に一直線に上る階段となります。
つまり、2階の鬼門から真っ直ぐ下り居間へ出る階段になるのですが、 家相的には どうなのでしょうか? ちなみに裏鬼門の部分は居間の壁、もしくは窓になります。もし、凶相の場合 何か対処法はありますか?

回答

1つの方位であっても、3つのエリアに区分指標されていますので、正確に区分 指標した上で、対処することが大切です。
同じ吉方位が、家族すべてにとって方徳が得られる吉方であるとは限りません。

気学では、誰にでもよい方位というものは存在しません。居住する家族にとって 無難であり、主人を核とした吉方効果(方徳)が得られる家相を構相する事です。

そのことからして、特に、家の中心エリアは、家運繁栄の地が発生するエリアで すので、良相に構相するか、無難な平運の相とすることです。

宅心の階段

宅心の階段は良くない事を知りました。 自分なりに宅心を調べてみたら、ちょう階段部分にあたります。何か対策方法はありますでしょうか?
引越し日をきちんと選べは何か対策になりますでしょうか?
階段が宅心にあると、健康状態の他に災いが起こる事は何がありますでしょうか?

回答

階段内の宅心がポイントされているという構相は、中央が欠けている家相で、 スムーズな平行バランスが保たれた、自然の通気が得られず、家運が発展する地 がない運気となります。

健康以外の凶の現象としては、積極性・信用を失いチャンスをことごとく逃しま す。


宅心の階段

一昨年新築した弟の階段が宅心にあります。
昨年末に父が亡くなり、今、義妹(弟の嫁)が首を患っています。
また、義妹が実家に入り浸りで家に落ち着きません。これも階段が宅心にあるからではないかと気になっています。
既に完成している家で、まだ年数も経っておらず改築も考えていません。
このような場合の補正方法があれば教えてください。
敷地は方形、東側が前面道路、北側に農業用水があり、家は方形で東向きです。

回答

宅心及び宅心エリアの凶相は、かなり極端に凶作用が発生します。
補正は、八方位に影響が作用しますので、完全に補正することは困難となります が、弱小とするには、家全体の平面により判断をし対処することです。

階段内の中心

現在新築の間取りを検討中です。
家の中心に階段は良くないと言われました。
現在考案中の間取りで階段脇の壁が中心になってしまいます。
壁は階段と考えるのでしょうか?また、中心が壁はどうなのでしょうか?

答え

中心が階段・壁・押入・土間・水回りの部分にポイントされている場合は、よく
ない相となります。
居住室内にポイントされる相を良しとします。