家相入門 > 家相風水FAQ > エレベーターの家相について


エレベーターの家相について

エレベーターの設置位置について

3階建てでエレベーターの設置を考えているのですが、そもそもエレベーターは 何と考えるのでしょうか?(欠け? 吹き抜け?)
正中線エリアと鬼門エリア、四隅線上などは避けるべきなのでしょうか?
FAQには北方位がいいと書かれていましたが、その他許容される方位、逆に避け るべき方位を教えていただけますと幸いです。よろしくお願い致します。

回答

エレベータを家相的に判断した場合、吹抜けと見る部分と、階段として見る部分 の二通りが混在していますが、いずれにしても欠け構相です。
エレベータを設置するならば、家の中心は避けることが大前提です。
出来ればエレベータ部分を、外壁にそって張り構相として設けること。
方位的には、南と東方位は凶なので避け、西か北方位の正中線上は避け、鬼門エ リアは、四隅中心15度エリアを避ければ問題ありません。

エレベーターは、階段?吹抜け?

老後を考えてエレベーターの設置を考えています。
エレベーターは階段と考える のでしょうか、吹き抜けなのでしょうか?
家の中心の設置の予定ですが方位上いかがでしょうか?

回答

エレベータを家相的に判断した場合、吹抜けと見る部分と、階段としてみる部分 の二通りが混在しています。
いずれにしても欠けの構相となるので、家の中心部である宅心エリアの設置は、 病人が多発し、家運が繁栄する運気が全く発生しない絶家の相となるので、必ず さけることです。
設置するのであれば、外壁にそって張り構相として、西または北方位に作ること が適しています。(正中線上は避ける)

質問

併用住宅で3階建て、自宅を3階に予定しているのですが、その3階の階段とエレベーター、ホールは家の外とし て考えるのでしょうか?
建物の中なのでそれも含めて考えて中心を求めていいのでしょうか?教えて下さい。

答え

エレベータ及びホールが張り形体の構成内に設置されている場合には、中心を求める面積とはなりませんが、それ以外の場合は、中心を求める面積に含む事になります。

尚、エレベータ設置方位は、可能なかぎり北方位が問題のない方位となります、 参考にしてください。