家相風水・家相入門> 家相風水診断 > ログハウス


ログハウス

丸木で家を造る

私は、杉や檜の皮をはいだままの姿がすきなのです。
また、製材する費用も少なくてすむと考えています。
そこで、田舎に帰ったら丸木のままで、家を建てたいと思います。
杉や檜の丸太のままで家を造ると何か問題があるのでしょうか?
このことを確かめておきたいと思い、メールしました。

回答

家相は考慮するとして。
保温性・調湿性・通気居住性が保たれる素材状態、及び、建築工法であれば問題 ありません。


ログハウスについて

ログハウスのような大きな空間がひとつになっている場合は、どのように診断してよいかわかりません。
ログハウスについてなかなかいい風水情報がありません。

回答

居住を目的とする建物であれば、必ず生活する上で大切な、戸外からの入口、トイレ、浴室、キッチンスペースが設置されていると思われます。
トイレ、浴室は、他のスペースと間仕切り壁により、区画されています。

この生活用途がどの方位エリアに設置されているか、そして、用途が現代建築に多く取り入れられている、同一室内空間の構成平面であれば、方位の良い影響力 を受けるため、通気窓の設置方位が大切となります。

戸外自然環境及び、建築材として木の機能効果を受けてよくない気の発生は弱小と思われますが、各方位のそれぞれの良い影響力をむしろ上昇させることが大切 と思われます。
そのためにも、通気方位による支合通気を大切にすることです。





家相、風水