家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 事業・経営の家相


事業・経営の家相

経営者の家相

会社を経営する知人宅の家相についての相談です。
北東に玄関、家の中心に階段、家の北側一階部分がビルトイン車庫となっており、 二階部分がかぶさっている状態です。
また、二階東南部分はバルコニーとなっていて、欠けとなります。
会社経営ははっきり言って全く上手くいっておらず、何をしても経営が悪化する ばかりだそうです。
やはり家相の影響がでているのでしょうか。

回答

家の中心エリアに階段の上り口が設置され、中心欠けの構相であったり、ビルト イン車庫による土間欠けの構相であったり、構造欠けの構相であったりする家相 は、 家運が発展するための地が全く発生しない、絶家の家相となります。
このような凶相は、事業に及ぼし凶の影響力が大きく発生します。
このような場合は、補正することにより吉の効果が得られる修正をすることが大切です。
そして、開運のために本命星にとって良い時期に、吉の方位を選んで祐気取りを して、開運の効果を高める事も大切です。

経営者宅の家相

経営者の家の家相は、会社の経営状態にも影響があるのでしょうか。

回答

一般的に、経営者の居住する家相が悪い場合、衰退の気が発生し業務によくない 影響が発生します。
また、事業を始めた年月、移動した時期などによっても、大きくよくない影響が 発生することもあります。






家相、風水