家相入門 > 家相風水FAQ > 北西の階段


北西の階段

北西階段の上り口

階段の上り口が北西(右)の位置にきます。
上りきりが北西(左)の位置にきますが、大丈夫でしょうか。

回答

この方位は主人となる人の大切な方位です。
階段の設置方位は欠け相となります。
階段の上り口が北西四隅線を避け設置されているのであれば、全体のバランスか ら大きく影響なしと判断する事もあります。
ただ、あなたの運気に関わる場所ですので、正確に指標して判断する事です。

北西の階段

よく家を建てる時、家の真中に、北西方向にある階段は良く無いと書かれてるのを見ますが、建売を購入しましたらそうなっていたという場合どのようにすればよいのでしょうか?

回答

こんにちは。家の中央エリアの北西方向にある階段は、平面の通気バランスが失われ発展するための地が無い大きく良くない相の1つです。
補正する方法は、階段の上がり口の位置などを全体の平面から判断し少しでも良くないそうとなるのを弱小とすることです。


階段の位置について

主人の生まれ星は六白金星ですが、階段を西北の位置にもってくるのはよくない のでしょうか。
家は欠けのないほぼ正方形の家の予定です。

回答:

避けるを良しとしますが、どうしてもその方位に設置しなければならない場合に は、2階への階段上り口を北西四隅中心線を避ける。
東南・宅心・北西の中心線は、福運が発生する福線となります。
そして、植物などによる間接補正をするなどで良気を発生させる。


北西の階段

現在家を購入計画ですが、北西の張りの部分が階段では問題がありますか?
開きとみなして凶となるのでしょうか?

又今年の北西移転は凶となっておりますが、工事着工も凶ですか?
引越しは来年にしようかと話あっています。
家相ばかり考えていましたが、最近移動方位の大切さを知り、不安でいっぱいで す。ご返答の方頂けたら嬉しいです。

回答:

階段は、吹抜けと構造欠けが併合したスペースです。
凶の影響が弱小となるエリアに設けることになります。
張り形体内であれば問題ありませんが、北西中心線が上り口にかかっていなけれ ば、更に問題無し。

安定運気と福運気発生方位となり立体通気による影響力は可能な限り弱小とする。
平成17年期の北西方位は、五黄殺凶方位です、必ず移動避けること。
移動の良し悪しは、生年月日と方位、距離、日により判断します。
直接移動がよくない方位であれば、仮居住の間接移動法での対処となります。
家相は居住して5年後に良し悪しの発生となりますが、移動は4ヶ月後には良し 悪しの発生となります。
移動による方位影響力は大切に判断してください。



家相、風水