家相入門 > 家相風水FAQ > 北西の階段


北西の階段

南西階段について

新築の間取を考え中です。レイアウト上、南西15度間に入ります。
上り口、降り口共に半分づつかかる状態で、上り口、降り口間の柱が南西のど真 ん中になります。
妻の体調などに影響があると書かれていましたが、軽減する策などがあれば教え て下さい。
180度Uターン部分は外壁に接していて階段は玄関ホールのまん前に左上がり 勾配(西向き)に上っています。よろしくお願いします。

回答

この方位は主婦となる人の大切な方位で、階段の設置方位は欠け相となります。
間取りを作成中なのであれば軽減方法で対処するのではなく 、少なくとも上り口が四隅線上を避け良くない影響力の発生を弱小となるよう 設計する事です。
また各人の大切な方位の環境も良好に保つ事。

南西に上がる階段

南からあがりより南西に伸びる上り階段になっています
50センチずらすとあがり口は確実に南になりますが、現在の位置だと少し鬼門に かかって南西壁側を沿って上って西に出て行く感じで階段が設置されています。
上り口が南南西にかかるのは良くないですか?

回答

階段は家相では2階床面の欠け構相となります。
その上り口と下り口がどこにあるかで設置されている方位が吉または凶かの判断 をすることになります。
質問による上り口が南南西は吉の方位ではありませんが、鉢植えの観葉植物を階 段上り口と下り口附近に置き、樹気の持つ浄気いやしの機能により良気に転化さ せることで対処すれば、凶の影響を弱小とします。





家相、風水