家相入門 > 家相風水FAQ > 張り欠けについて3


張り欠けについて3

【関連ページ】
家相の「張り」と「欠け」について

駐車スペースのため、東南に欠けがあります

駐車スペースのため、東南に欠けがあります。駐車スペースのため、東南に欠けがあります。どの様に判断したらよいのでしょ うか

回答

主屋と欠け構相となる駐車スペースが接合するエリアに低木生垣植樹をして、樹 気力のもつ機能により、補正するのも1つの方法です。
植樹することが、不可能であれば、陶土鉢に植樹した物を設置することでも良し。

東南方位欠けの影響

実家は南東が欠けています。
南東の欠けは女が強くなり、特に長女は我侭で依存心が強く、縁談がまとまらない、結婚しても後家になると聞きました。
確かに我侭で依存心が強い気がするし、縁談はまとまりません。何かいい方法はないでしょうか。

回答

家相として東南方位は、長女にとって影響力が良し悪しとなって、あらわれる方 位です。
欠けの家相であれば、東南方位の象意が凶意となって発生します。
東南方位が吉方位で、吉の時期に補正又は修正することが大切です。
東南方位が凶相の場合は、福運が全く運気に発生しません。
運気を呂気(衰退気)から律気(盛運気)に本人の生年精気に適した方法で、吉方位で吉となる時期に、祐気取りをして転化させ、運気を上昇させる祐気取りの 開運法を適用するのも一つの方法です。


極端な張りについて

 北に建物の一辺の3分の1に限りなく近い大張りがあり、しかもその張りに流し台がついて2重張りになっております。 張りは吉といってもここまで張ると良くないのでしょうか。

回答

家の張り欠けは、家の形のバランスが保たれるように、構相する事で、方徳が得 られます。
よって張りすぎもいけません。適度な張りを持たせることです。
社会は、陰陽から成り立っていますので、居住する家の形もすべて陰陽が必要で す。
張りを構相する場合は、長方形の家に近づけたバランスの良い家とする。


張りについて

家の張りについてなんですが、二世帯住宅で一階が仕事場、二階が両親宅、三階 が私達家族の住居になります。
それぞれ玄関が別々のため屋根付きの外階段があります。それは建物の一部とみ なして張りになるのですか?

答え

屋根の架設のみであれば、張り形体とはなりません。

北東の張り、南東の欠け

現在購入希望の中古住宅がさかさまの台形をしており、北東の方角が張りになっ ており、相対的に南東が欠けになっているように見えます。
それ以外は玄関も東南を向いていたり、水まわりもそう悪い方角ではなさそうで す。
もし家相が悪い場合、建て替えや改築以外に何かよい方法はございますでしょう か?

回答

質問の内容から判断しますと、斜行欠け相にて、欠け相でもよくない相となっ ているようです。
対処方位は、配置(土地に対しての建物位置)および建物平面から判断する事 になります。
欠け相となっているエリアの土地に多少なりとも空地があれば補正は可能と思 われます。

2階が主な住居の場合の張りと欠け

敷地の関係により、1階に車庫(シャッター有)、塾教室(母親経営)、2階に息 子夫婦の住居を建てようかと思います。住居の2階は張りと欠けがないように長 方形しますが、1階は通路の関係上、北もしくは北東が欠けた状態になってしま します。この場合、どこを中心として張りと欠けを考えたらいいでしょうか?
車 庫、塾教室、2階住居はつながっておらず、独立してます(外にでないと入れな い)。

回答

2階は、就寝、食、居住をする為の家相構成の良し悪し。
1階は、ビジネスに対しての家相構成の良し悪し。
を判断する為、1階、2階それぞれの中心を求心する事が大切です。

欠け形体と思われる場合の中心の求め方については、平面より的確に判断するこ とが大切です。
中心の位置によって、方位影響力の判断が違う場合があります。



家相 前裏鬼門張り欠け家相 次


家相、風水