家相入門 > 家相風水FAQ > 鬼門・裏鬼門の張り欠け


鬼門・裏鬼門の張りと欠けについて

裏鬼門の玄関

先日建売物件を購入致しました。家相を調べましたら、裏鬼門の位置に玄関、そして玄関前に3分の1のポーチ(雪避けの為)プラス、右が入り口となり、階段があります。
階段とポーチを加えると長さは建物(正面)の半分に少し足らない位の長さです。
ポーチにはドアが無く、開放されています。分かりにくい説明かもしれませんが、どうかアドバイスをお願いします。

回答

建物で張り形状となるのは、一辺に対して三分の一未満の張り出した形状となります。
ポーチや外階段だとしても、三方が壁で囲われている場合は、建物として判断します。
今回のポーチと階段の詳細は不明ですが、壁で囲まれている建物形状として判断すれば、建物一辺の長さの半分弱ですので、欠け相となるように思われます。

南西の張りについて

我が家の南西に張りがあり、どうすればよいのか困っています。
裏鬼門の張りの場合はどうしたらよいのでしょうか。

回答

南西方位は欠け相も張り相も凶相となります。
増築をして対処する方法が困難であれば、外部環境を良好に保ち、良気として通 気を得ることです。
その方法は、少しでも凶意の影響力を弱小とし、陽射により発生する化成の気を 植芝をして、エリアの敷地をすべて緑被し樹気の持つ機能を適用することと、通風性を常に良好に保ち腐敗湿気の発生及び滞留を防ぐことです。

北東方位の張り

車庫から住宅の通路(階段)は、車庫内ではなく、外に設備する(張り)予定です。だけど、階段の上がり口は、鬼門に当たる。玄関は、東向き(ちょうど真ん中)ですが…鬼門は張りがあると良くないとよく聞かれます。

回答

北東方位は、張り構相も欠け構相も凶相になります。
北東方位に設けられる階段の上り口は、中心15度エリア外に設けられていれば、 凶の影響は弱小となり問題ありません。

したがって、玄関と接合しての設置となる、東エリアを張りの構相として発育発 展の気を得ることです。
玄関が東の正中線エリアの設置となる場合には、植物を置き、樹気の持つ機能を 適用して補正し対処する。

南西の張り欠け

南西の吉凶の作用は、張り欠けのどちらにあるのでしょうか?

答え

南西エリアについては、張り形体、欠け形体共に凶相となります。 南西の一部エリアは、小さな欠け形体であれば、良くない影響を防ぐ効果があ ります。 それは方位バランスにて適用する事が大切です。

北東の欠けについて

 新築予定で間取りを決めている段階です、北東(鬼門)部分に約1/3の欠けがあります。
ハウスメーカーの担当の方が「鬼門部分にトイレをつくるのはどうかと思い、削 りました」と仰ってましたので、納得したのですが、こちらで北東に欠けをつく るのはよくない、と書かれてありましたので気になり伺いました。
 北東は欠けになりますが、その反対の南西部分は張りになります。やはりこの部 分の欠けはだめでしょうか?
欠けと隣接?する東側は玄関になる予定です。
 玄関の土間の右部分(欠けになる部分)に玄関収納等をつくるなどして、もう少 し、欠けを少なくすることで対処できるものなのでしょうか?もし、対処できる としたらどの程度の欠けなら大丈夫なのでしょうか?

回答

北東の四隅線(中心15度エリア)を含んだ欠けは、必ず避けるか、補正するこ とです。
常に変化が発生するよくない影響力が作用します。
南西四隅エリアの張り形体は、も避ける事です。
対処法についての細部の質問については、平面形体にて判断することです。

鬼門・裏鬼門の張り

家相入門のホームページの項目によって裏鬼門南西のほどよい張りは吉と書 いてあるところと南西の張りは凶と書いてあるところがあって、ほどよい張りは吉と考えれば良いんですか? 

回答

裏鬼門南西表鬼門北東の小さくて適当な面積の張りは吉となりますが、それは専門的な知識の上で構相することが大切です。
したがって一般的な判断として 構相する場合は張り出しても欠け込みも凶相と思われることです。
そして欠けよりも張りの方が凶作用が強く発生します。



家相 前裏鬼門張り欠け家相 次