家相風水・家相入門> 家相風水診断 >複数の張り欠けについて


複数の張りと欠け

二つの欠けのある家

今年中古住宅を購入しました。 南西と西に欠けがあります。その敷地は、駐車場になっています。駐車場は、 コンクリートで屋根が付いています。

その駐車場に面して、四畳半と八畳の部屋があり、大きな掃き出し窓がついています。 
この欠けに対してどのような対処をすれば宜しいでしょうか?

回答

駐車場を含めた建物全体のイメージがわかりませんが、西の欠けと南西の欠け がある建物として回答します。
確実な対処としては、二つの欠けがあるわけですのでこの欠けが無くなるよう 欠け部分を増築する事です。

増築が難しい場合は、この欠けの部分に簡易な屋根を設置し壁で三方を壁で塞 ぐ工事を行って下さい。
この場合は簡易補正となるので居室にする必用はありません。

家相の考えを大切にしたいのであれば、上記のどちらかの方法で対処して下さ い。


張りの数について

張りはいくつまでなら可能でしょうか?
物置も張りと見るとすると 、すでに2つ張りがある場合、物置も置いて張りが3つということになって多すぎたりしないのでしょうか?
ま た北西と東南にすでに2つ張りがある場合、物置はどの方角に置くのが無難でしょうか。

回答

建物の形は、陰陽の気を得てバランスのとれた家で、正方形に近く東西に延びた 長方形が最良とされています。
何事にも例外はあります。
家の張り欠けは、家族の健康面より、むしろ運勢に大 きく影響しますが、だからといって張りをあちらこちらに作って家運を強くしよ うと思っても効果はありません。
質問の2ヶ所程度の張り構相であれば、問題ありません。

物置の設置方位は別棟張りで、北西方位から支合による相乗効果が得られる、少し建物の間隔を空け、東方位に設置することが良し。
子供が居住していれば、良き教師、友達に恵まれ発展の気が得られます。




家相 前裏鬼門張り欠け家相 次