家相入門 > 家相風水FAQ > 鬼門の範囲


家相 鬼門の範囲[エリア]

鬼門のポイント・考え方

鬼門の範囲[エリア]

北東の鬼門エリアといいますと、北東四隅線の15度範囲でよいのでしょうか? それとも全体の45度範囲までさすのでしょうか? 水まわりを考える等にあたり、どう解釈していればよいでしょうか?

答え

北東を含め、各エリアは、全て45度をエリアとして、更に3つのエリアに区分 されます。 北東エリアの場合、水回り設備器具の設置は必ず、中心15度のエリア を避けることが大切です。 可能なかぎり、東方位寄りを良しとします、ただし、居住者の生年月日による、良 し悪しの判断も大切となります

鬼門について

平屋の一軒家を立てる予定なのですが、設計上鬼門の位置にキッチンンがきてし まうのですが、トラブルを防ぐ方法はありますか?また、鬼門位置の設計でよい アドバイスがあれば教えていただきたく思います。

答え

北東方位のキッチンはよくない方位となります。
どうしてもこの方位にキッチンが配置される場合には、北東中心線上にキッチン シンク及び、キッチンコンロが設置されることは避け、可能な限りキッチンシン クまたは、キッチンコンロは東寄りに配置し、東の気を得られるようにする。
家相は、1つのマイナスエリアがあれば、それをカバーすることが大切で、北東 方位の場合は支合カバーする方位が、西と東南を良相とし、この方位からの通気 を大切とし、よくない気が発生しないよう、通気補正し建物全体で良し悪しのバ ランスを保つことです。
ただし、家族の中でシンクまたはコンロ方位に干支方位となる人がいれば、避け ることをアドバイスします。


鬼門部分の多い部屋

現在のアパートの部屋は鬼門と裏鬼門ゾーンが大部分を占めています。
鬼門にあ たる東北に玄関・風呂・トイレがあり、裏鬼門にあたる南西がリビング兼寝室と なる部屋の大部分を占めています。
災いを少しでも回避する対策法はないでしょうか

回答

家相は居住する人の生年月日にて判断が異なると言う事を、先ず理解する事です。
居住する人にとって、良くない方位用途が設置されている場合には、支合通気に よりよくない気の発生を防ぐ対処法もあります。

マンション居住の場合、居住する階が3階以上は、地場からの影響力が弱小とな ります。
したがって、南西方位のよくない影響力を防ぐ対処法としては、腐敗気発生の南 西の陽射をブラインドなどにて、遮陽調整し植物の樹気効果を活用する事も良し。
遮光の祭に、木製ブラインドを活用する事も効果あり。


家相 前裏鬼門張り欠け家相 次