家相入門 > 家相風水FAQ > 子供への影響


子供への影響

【関連ページ】子供の健康にも作用する大切な家相

子供の生まれ星と家相

新築の間取りを考えるにあたり、子供(五才の娘)の生まれ星も大人同様にわりだしたらよいのですか
子供はまた違うのでしょうか

回答

新築の間取りを考える場合、とりあえず家族の吉凶は後まわしとして下さい。
最初に張り欠け、玄関、台所、トイレが吉相となる間取りを作る事です。

ある程度無難な家相の間取りができたら、家族の吉凶を判断することです。
家相の判断としては子供も大人と同じ判断をします。

2階の子供部屋

長男・長女の子ども部屋を2階に考えています。1階と比べて影響はどうですか? どの方位の部屋がいいですか。

回答

2階の方位影響力は、1階と対比した場合60%から70%となります。
方位からの気を取り込む窓位置が重要となります。長男は東方気を、長女は西の 方気の流動通気を可能とすること。


子供への影響力

北道路(水路あり)の土地に建てるのですが、南玄関・中央階段(リビング階段 ・吹抜)は 家相をみるとよくないのでしょうか?
リビング階段は 子供の非行などを防ぐということを本で読んだので、そうしよ うと思ったのですが、それ以外にこの方がいいというような事がありますでしょ うか?

回答

子供によい影響力を発生させるためには、東と北西の家相を良相とすることです。
子供が成長していく上で大切な良い師や、良い友人に恵まれることになります。
北方位に物置を設置することも効果あり。
北辺の水路は、植樹をして樹気効果により対処することも大切に。

階段吹抜けなどの欠け相となるものを、家の中心エリアに設置することは必ず避 ける。
家運が発展するための地が無く、家相の中でも極端によくない相となります。
理由としては、通気バランスが大きく失われるからです。





家相、風水