家相入門 > 家相風水FAQ > 家相における水回りの考え方


家相における水回りの考え方

建築設備(水回り)の進歩と家相について

 
家相は、自然とより良き共生をするためのものです。
 自然の影響力(大気・陽射・地場)を受け、生命を保つ事が可能となるのは、先 人であれ、知的進化のある現代人であれ、この事は不変です。
 そして、人知が自然を超える事は、不可能であると言う事も不変です。
 このことを先ずシンプルに理解する事です。
 建築設備(水回り、トイレ)は、良き共生するために進歩しました。

 この事は、現代家相として、良き判断の指標とする事は大切です。
 しかし、
 それ以外に大切な事は、先代も現代も不変である、律呂の気による服気及び通気 への影響力です。

 トイレなどよくない影響力の発生は、建築設備の進化により弱小とはなりました が、律呂の気による影響力の判断は大切となります。