家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 日破殺と方位盤


日破殺と方位盤

日破殺日と方位盤

日破殺の方位の”左””右”は何ですか?
という質問がありましたので解説します。

この”左””右”は破殺の位置を示しています。

この”左””右”が表示される方位は、
北東、東南、南西、北西の四隅方位となります。

図を見ていただくと分かりますが

方位盤
この四隅方位は、60度のエリアとなっています。

これを30°ずつ二分し、
方位盤の中心から見て”左””右”としています。



日破殺方位は
北→北東(左)→北東(右)→東→東南(左)
と動いてゆきます。



方位診断をする際45°の方位盤を使う方法と
30°・60°の方位盤を使う方法があり
どちらが正しいのか論争となる時がありますが

破殺を判断に含めるのであれば、
30°・60°の方位盤の方がわかりやすいと思います。



日破の実際の動きは、
そのエリアの中をゆっくりと動いていますので
厳密に言えばエリア全体ではありませんが、
日常の生活であれば、そこまで気にする必要はありません。






家相、風水