家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 入居直後の工事について


入居直後の工事について

入居後の工事について

工事も終わり完成検査に立ち会い、問題がなければ引き渡し書類にサイン。

新居の鍵を受け取り新居での生活が始まります。

居住してしばらくすると、検査時には気がつかなかった不具合に気づく事があり ます。

建具や網戸の建て付け。クロスの剥がれ。照明器具や給湯器機の不調等々…

家相の基本の考えでは、
居住しての工事は、工事方位の良し悪しを確認してから工事をする事ですが、
このような修繕工事については、
家相にはほとんど影響しないと判断してよいので神経質になる必要はありません。

また、エアコン工事もプラン作成の段階でエアコンの取り付け位置を決め、
スリーブを先行配管してあれば、居住後に穴を空ける工事をしないので問題はあ りません。

外構工事に関しては、1メートル以上穴を掘ったり、
土用の時期(春は4月17日から 5月4日前後)の工事などは避けるようにすれば、心配ありません。

既成の物置の設置は、ブロックを置いてその上に設置するので、
物置の方位の良 し悪しはありますが、工事による懸念を心配する必要はありません。

完了検査後、建物の形状が変わるような工事を居住しながら行う場合は、
家相の影響が早く発生する事がありますので、
居住家族と工事方位の良し悪しをよく確かめ、工事をしてもよいのかを判断して 下さい。

運気の強い方は何をやっても良い選択となりますが、ほとんどの方は最悪の判断 をしてしまうものです。

どのような事情があるにせよ貴方の計画に、時期や方位を合わせる事は難しいと いう事と念頭に置いてください。

家相の考えを大切にしたいのであれば、事前に計画して準備する事が大切となり ます。





家相、風水