家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 水道について


水道

ベランダの水道設備

北東から東のあいだの二階のベランダに水道を取り付けよいかと言う話しが出て いるのですが。どうでしょうか

回答

使用用途がよくわかりませんが、この場所に設置するのであれば、北東エリアは 避け東エリアの中心十五度エリアを避けた東エリアとすることです。
そして、使用した水が溜まり活生気の発生に支障が出ないよう、排水に十分注意 して施工設置する事です。


水道の配管

家の新築をしており、上棟を終えた今日、家の床下を水道管(上水道)が通って いることに気付きました。
汚水管については、家の外に出すよう腐心していたのですが、上水道もてっきり 外を通っていると思っていたら、キッチンの水道は洗面所の下から取るようにな っていました。これはまずいでしょうか。

回答

方位間取りが適切であれば、水道管は汚水排水管と違い浄水ですので、外部に近い配管で短距離の配管であれ ば大きく問題とななりません。
図面を見なければわかりませんが、仮によくない状況であったとしてもすでに工 事が進んでいますので、この事については対処方法はありません。


立水栓の配管位置の家相

家の庭に設ける予定の立水栓の給排水について質問させていただきたく思います。
家の中心から見て西方向に水道(立水栓)を設ける予定ですが、その給水管と排水(汚水)管が玄関前(北方向)を横切ってしまいます。 そして、汚水管は汚水本管につながるようになっています。
他のトイレ、洗面、キッチンの汚水管は玄関前を横切るのは避けたのですが汚水マンホールは動かせません。

回答

立水栓の場所は西正中15度エリアを避けて設置する事が大切です。
立水栓の給水管が、玄関の前を横切っても問題はありません。

立水栓からの排水が玄関を横切っても、それほど大きな問題とならないと思われ ます。
何か懸念となるような事があるのであれば、汚水管(トイレ)と雑排水(キッチン 流しおよび洗面、浴室)とに区別して排水計画をする事です。
計画段階のようですので経路の内容変更を検討する事です。


屋外の水道

外の水道2箇所の位置が鬼門と裏鬼門に位置していることに 気が付きました。
家の中ばかり気にしていて外までは気にしていなかったせいです。

回答

鬼門および裏鬼門の方位は、腐敗湿気および腐敗気が発生しやすい方位ですので、 凶意の影響が作用しないよう、水道が設けられている位置には、畳半畳程度でも コンクリートを打設して排水口を設け、排水位置をする近くの周囲環境を常に良 好な状況を保つため通風性を大切にすることです。


屋外水道位置の家相について

新築中なのですが、家外に水道を2箇所取り付けてもらえるのですが、
1つは水道 と排水溝付きのもので、
もうひとつは駐車場あたりにつけるので排水溝はなく水道のみのものと言われました、
方位として避けたほうがいい方位を教えて下さい。

回答

屋外に水道が設置されても支障のない方位は、東、東南、西、北西の中心線15 度エリアを避けた四方位です。
避けることが大切な方位は、腐敗湿気が発生する北東中心15度エリア、腐敗気 が発生する南西中心15度エリア、及び水剋火殺の影響が発生する南中心15度 エリアです。
この方位は特に要注意です。

水道の配管について

年内の新築・入居を目指し、先生のHPを参考に間取りを検討しています。
一つ気になることがあります。
オール電化の温水器を正中線をはずした北側に設置予定です。
キッチンと浴室は東側にあるので、床の下を走る水道の配管が鬼門である北東を横切ることになりますが、影響 はないでしょうか?
配管を「水周り」と考えなくてもよろしいのでしょうか?
もし、影響があるなら対処法につ いてご教授願います。

回答

汚水管・雑排水管、水道管などを建物内の地場に配管する場合は、浴槽及びキッ チンシンクなどの水回り設備を可能な限り、外部に近いスペースに設置し、建物 内地場の配管する距離を短くする。
そして、排水管の接合部を堅固にして、湿気発生が生じることがないよう対処す る事ができるのであれば、方位と間取りによっては、支障無しと考えられます。


屋外水栓について

南に水栓口を設けたいのですが、こういう場合は、何を基準にすればいいのでし ょうか?

回答

水道配管については、掘りおこす深さを基準に判断する。
水栓口の設置方位は、家相との関わりについての判断となります。
立水栓は、使用しなければ影響の発生はなく問題ありませんが、南西方位の化成による腐敗気が発生しなような対処をするば、弱小な使用であれば問題なし。





家相、風水