家相入門 > 家相風水FAQ > 土地相3


土地相3

【関連ページ】
家相と敷地(良い敷地、悪い敷地)
居住敷地(地場)の地質(土質)について
地相入門・土地相(姉妹サイト)

土地の欠けについて

土地をさがしていて迷っている土地があります。それは土地が欠けていることで す。鬼門の欠けなのでとくに気になっています。
しかしこの欠けは道路をつくる都合上しかたのない欠けだというものです。大丈 夫でしょうか? 
正しい方位がわからないのでもしかしたら鬼門をはずれるか もしれませんが そういう場合も 大丈夫ですか?

回答

道路をつくる都合上、購入予定の土地部分が欠け構相となる場合については、欠 けの構相となる部分に約1m程度の生垣植樹をして、樹気の機能の補正効果を得 て、対処することも一つの方法です。

もし、鬼門方位であれば、ヒイラギモクセイの生垣植樹などが適しています。
土地相として、鬼門方位は欠けよりも張りの方が凶作用が強く発生します。
他に大きな問題が無いのであれば、此の方法で補正することです。


五角形状の土地について

土地の形は長方形の北東の角を斜めに切り取ったようなほぼ五角形で、南西と南東に道路があります。
二十年ほどのうちに四回火事がおこっており、死者がでたりしています。

回答

敷地が五角形状で、道路と平行しての自然のエネルギーがバランス良く受けられず、
廃墟のような敷地であれば、土地が活性化するまで長い時間を必要とし、 過去に多くの火事などが発生したり、死者が多く出ている敷地は、禍をもたらす
原因がどこかに潜在しているわけですから、家の敷地として選ぶべきではありません。


欠けの補正について

新築の為、土地を購入しましたが、北東の方角に6mほどの欠けがあります。
その部分をずらして建築すればいいのですが、南側が狭くなるため3m位しかず らすことができません。
欠けの部分を補正するいい方法があれば教えていただきたいので、よろしくお願 いいたします。

回答

全体の土地の形状から判断すれば的確なアドバイスができますが、改善方法の1 つとして、欠けとなる辺に90センチ程度の間隔植樹でも良いので、1メートル 程度の樹高の植物を植え、樹気効果を適用して補正する。
樹木としては、ヒイラギモクセイなどが良し。


土地と建物

西南向きの角地を購入しました。
間取り的に玄関も西南に来てしまいます。
凶相の凶になってしまいますが何か良い方法がありますか。

回答

玄関の部分が欠け相となっている或いは、四隅線上に玄関がある為に、悪いと判 断されたのだと思います。
これから着工でしたら、欠けによる影響力のない玄関とする。

少なくともドアが四隅線上にかからないようにし、支合する方位に窓を設け支合 補正するなどの対処が必要です。

既に、建物ができているようでしたら、風の流れ方の吉凶に影響する支合する窓の位置を確認し、常に通気をよくし、少しでも凶意の作用を弱める対処をし、間接補正なども合わせて対処す る事です。


地質について

今、建築を考えている土地があります。
その土地は、10年くらいまで社宅内の公園(野球などできるグランド)でした。もともと、土地が低いところであったため、コークス(石炭の燃えカス)がかなり埋まっているそうです。そのような土地は建築に向いているかを教えてください。

回答

居住するのに適した地場か否か、それは植物の育成に適しているか否かによって判断する。
人は地場から多くの自然のエネルギーの恵みを得て生命を保っています。
植物の育成に適していなく、自然のエネルギーの恵みを受けられないような地場(土地)であれば、居住するには適していません。
有機質から無機質となったコークスで埋め立てられている土地も問題なしとは思われません。よく調査して結論に達してください。





家相、風水