家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 土地の高低差について


土地の高低差について

【関連ページ】
家相と敷地(良い敷地、悪い敷地)
居住敷地(地場)の地質(土質)について
地相入門・土地相(姉妹サイト)

敷地の高低差について

敷地が接する道との高低差はありませんが敷地の東側に接する敷地(里道)と比 べて敷地は1m低い状態です。
周囲より低い敷地はよくない為、盛土や高床にする方が良いと思いますが困難な状態です。

回答

古くからの生活道が東側にあり、その生活道との高低差が1m程度で盛土などが 困難な土地ということで判断・対策を考えるとすれば、東の生活道の境界線から 建物の配置を可能な限り離し、植物を植え砕石を敷込みこの部分の環境を良好に 保つ。
植物の育生環境に適するのなら、生垣植樹なども併用して対策する。
間近に隣家が建つような環境ではないようですので、以上の対策をする。

高低差のある土地について

現在土地の購入で悩んでいます。 北東、北西に道路があり角地です。
北側から西側がなだらかな坂になっています。
道路との高低差はありませんが、少しななめになっているので土を入れます。
(東南が低くなっていて、その横に川が流れています。南西側も低くなっていて、小さな公園があります。)
東北の道路ですが東側に橋がかかっていて家を建てた場合、家の裏側にちょうど橋がかかるかんじになります。

回答

土地相として、道路面との高低差が1メートル以上あったり、居住する周囲環境 が適していなかったり、断崖のある土地ではなく、風通しもよい日当たりの良い居住 する環境に適した地であれば、大きく問題はありません。
その事より、建築をして移動を希望している時期に、本命星にとってよい時期で、 吉方効果が得られる移動方位となるかを判断することも土地選びの大切な要因と なります。


土地の高低差について

こんにちわ、今度新築予定の土地です、北側道路に面していて、形は長方形です が道路接面部分が緩やかに斜めになったような土地です。
駐車場位置が指定してあり変更等できません、建物中心から見て、北東の車三台 分の駐車場のみ道路と同じ高さでその他は1.5メートル高くなっています。
玄関へは階段8段とアプローチです、門だけが吉の北西にできないので、北の北 西よりに作る予定です。

回答

接道している部分と玄関との段差が1メートル以上ある場合は、玄関との段差が 1メートル以内となるスペースに門を設置し、玄関との相乗の吉の効果が得られ ない方位の門の設置であれば、門の設置近くのエリアに植樹スペースを僅かでも 設け植樹して樹気による吉の効果(発展)の気を得ることで、補正対処すること も1つの方法です。


道路との高低差について

購入予定の土地の接道は東南4M私道玄関も同方向で、道路側と建物の段差が35CM低く階段で下がり玄関時に上り階段17CM迄あがります。
このような物件は家相的にどうなのでしょうか?

回答

道路との段差が1メートル以下の35センチ程度であれば、居住する建物外の戸 外となり、自然のエネルギーによる補正の効果は得られ問題ありません。
玄関の接道方位も、吉方位で問題ありません。

高低差のある地相について

南北(南南西及び北北東)に長い土地の購入を計画しています。
間口が狭く、奥行きがかなりある長い台形です。
南道路に対して斜めなのは補正できると聞きましたが、西側隣地に擁壁あり高くなっています。
そして、東隣地は下がっています。このような土地は良相なのでしょうか?

回答

正確な方位指標をしていないので、文面だけの判断となりますので、ご了解下さ い。
南西が高く、東北に低いようであれば、仕事、家庭面で変化のある土地相です。
もし西が高く、東が低い土地であるのなら、特に問題がある土地相ではありませ んが、西は金運発生方位ですので、場合によっては地場補正が必要となります。


高低差がある場合の土地の張り欠けの判断について

敷地内に高低差がある場合の土地の張り欠けの判断について教えてください。
建物及び庭部分 と カーポート部分 とで高低差が生じています。
このように高低差がある場合は、高いところ、低いところ、それぞれ分けて 敷地の地相の張り欠けを考えることになるのでしょうか。
それとも高低差を考えず、敷地全体で土地の張り欠けを考えてよいのでしょうか。

回答

高低差のある敷地の張り欠けは、まず接道する敷地部分の敷地全体の張り欠けに よる良し悪しを判断します。
そして、敷地の高低差が1メートル以上になる場合には、高低差による影響によ る良し悪しを判断し、補正が可能な敷地であれば、対処法を考え対処します。







家相、風水