家相入門 > 家相風水FAQ > 三角形の土地


三角形の土地

【関連ページ】
家相と敷地(良い敷地、悪い敷地)
居住敷地(地場)の地質(土質)について
地相入門・土地相(姉妹サイト)

三角形の土地と家相

真南の正方形の土地を右上から左下に切ったような感じで下にあたる土地を購入したいと思っているのですが、
やはり避けるべきでしょうか?
坪数は100坪です
また三角形の土地は怪我人や病人が多くなる聞いたのですがそう言ったこともあるのですか?

回答

土地相として判断した場合、三角形の土地はそこに住む人の運気を下げるので、三角形の土地購入の目的が一般住宅を建てるためのものであれば避けた方が無難です。

また、土地が変形してる事で建物を建てる場所を制限されるため、間取りが欠け相となる可能性があります。

例えば、この土地で間口8メートル程度の建物を建てようとした場合、奥行きを5メートル以上とろうとすれば、たぶん建物形状は階段状となり多段欠けの家相となります。

よって家相の考えを大切にしたいのであれば、三角形状の土地は避けた方がよいと思います。


変形した三角形の土地

北西欠け、南側は、南西〜南東へ向かった二等辺三角形の底辺がない様な変わった土地。南側は道路・東側は、南側道路へ行く為の大きめ階段があり日当たりは抜群でした。
南側は道路に平行、北側は道路から階段を上がって宅地なので高低差もあります。購入を検討しておりますが、注意点をよろしくお願い致します。

回答

”二等辺三角形の底辺が無い”という形状が理解できませんので、土地相の良し悪しは回答出来ませんが、北西に欠けがあるのであれば、土地相としては難があるかもしれません。
また、 極端に変形した形状の土地は、一般住宅用地としては、避けた方が無難です。
高低差については、道路より1メートル程度であれば問題ありません。 2メートル以上の高低差のある土地は、避けた方が無難です。

三角形状(北すぼみ)

今 中古物件の土地付き住宅を購入しようとしてます。
実は土地が北に向かい狭くなってる三角形の形状です、昔北すぼみの土地は良く ないと聞いた事があります、問題ないでしょうか?

回答

土地相の形状は方形を基準としますが、変形している部分(三角突起など)の形 状があれば、アンバランスな形状の土地相として、影響が作用します。
特に三角形の土地は最も悪相だと言えます。
必ず入居する前に土地補正の対処をすることが大切です。

対処法としては、方形を保つための最大限の所に樹高1メートル程度の生け垣を 設けて、敷地を方形に近づけ植物の樹気による環境浄化、調湿、保温いやしの機 能を取り入れて補正をすることです。
この対処をして、敷地のマイナスの影響を補うことで、凶の影響を吉の影響に転 化させることです。

三角形の土地・屋敷

三角屋敷に住むと悪いことばかり起きると聞くのですが、やはりよくないのですか?
何かいい方向にもっていくことはできないでしょうか?

答え

三角形の土地は、土地を方形に区切る事で悪い影響を防ぐ事ができます。
切り方 は状況により違います。(高低差、接道の仕方など) 方策(対策)については、土地形体、接道形体から判断します。 三角形体の住居は、欠け形体の住居となり欠け方位の悪い影響が発生します。
最も凶相の住居といえます。
方策は、土地の形体で判断しての増築による対処となります。

三角形の土地の物件

この度初めての住宅購入を考えているのですが、購入希望物件が三角形の土地に 建っています、かなり危険な家になるのでしょうか。

回答

三角形状の土地に建物を建てる事であっても、補正が可能な土地であれば、影響を弱小化する事は可能です。
ただし、新規に一般住宅の用地として購入するのであれば、わざわざ三角形の土地を買う事は避けるべきで、候補からは外した方が良いと判断します。


三角の土地

屋敷(角地)に隣接した三角形の土地を最近購入しました。
三角形の土地は、凶といわれていますが、何か対策はありますでしょうか。
今は更地で、いずれ駐車場にする予定です。
よろしくお願いします。

回答

三角形の土地は、最もよくない影響力が発生する形状にて、必ず補正をする事です。
補正対処法としては、ホームページの土地相を参考にしてください。
尚、三角形上を含めた、全体の土地形にて、判断し補正する事が大切です。

3角形の土地

昨年の秋に建てた住まいで3角形の土地に3角形の家を建てました。ほぼ正三角で 家は角をけずるように4画になってます。
29坪しかないので、こうとしか建てようがなかったのです。
住まいは一階が仕事場、2階は住まいで、3階はロフトになってます。
家の前は北側の県道に面して仕事場への入り口玄関、南の角は勝手口です。 西側は隣家で東側は3メートル幅のドブ河川です。この河川は近々に遊歩道工事 が行われます。
このように最悪の立地条件、家の形状なのですが、この家に落ち着いて今の仕事 で頑張りたいとねがってます。
最悪の状況の中で少しでも仕事がうまくゆくように、アドバイスをお願いいたし ます。又、お恥ずかしいのですが建築後でもあり予算を掛ける余裕がありません ので、できる範囲でご指導をお願いいたします。

回答

文面だけの判断ですが、土地相、家相とも最もよくない相となっています。 良い影響力の発生は、全くのぞめません。 対処は、非常に困難と思われます。 よくない影響録の発生を少しでも弱小とする為の対処法を土地形状、建物平面か ら判断して為すことですが、難しい判断となります。




家相、風水