家相風水・家相入門> 家相風水診断 > 中古物件の家相


中古物件の家相

店舗付の中古住宅

形のいい少し長方形の南西角の土地にもともとスーパーだった店舗を購入しました、1階がスーパーだったのでそこは 焼肉やさんに貸し店舗として貸しています。
私たち家族は2階にすんでいます。家族に病人がでたり怪我をしたりと続いていますが、下が飲食店の店舗というのはよくないのでしょうか。

回答

図面を見る必要がありますが、単純に1階が店舗だから悪いという事はありません。
今の建物に何年居住しているかにもよりますが、ポイントとしては、土地相と1階の間取り。1階・2階の居住形態。
2階へ上がる為の玄関の位置。
焼肉店であれば、排気口の位置と家族の大切な方位との関係。入居してきた方位と時期などを調べる必要はあると思います。


中古住宅の購入

中古住宅の購入を考えています。門や塀の無い東玄関で、鬼門の北東方位 に1/3以上の大きな欠けがあります。
倉庫や車庫の設置などは鬼門の場合は避けたほうが良いと知人から聞いたことも あります。
どのような具体的補正手段が正しいのでしょうか。

回答

家相の考えを大切にするのであれば、最初から補正ありきで、家相としてよくな い(北東が大きく欠けた)物件を購入検討する事は避けた方が無難です。
特に北東部分は吉凶の変化が大きい場所ですので、建築図面を正確に指標て判 断する事が大切です。

中古物件の間取り

中古住宅を購入します。とても気に入っているのですが、2階浴室の真下が玄関です。
この場合、どのようにしたらいいのでしょうか。

回答

文面のみの判断となりますが、家相から判断すれば、玄関、浴室位置が吉相であったとしても、
玄関上に浴室のあるような間取りの家を購入する事は避ける事です。

購入するのであれば、湿気が発生する浴室を1階に移動するか、浴室設備を新しくし2階床面から階下へ老湿気が発生しても影響が拡大しないような対処をしたリフォームする。
最初から補正ありきでの購入はしない事です。





家相、風水