家相風水・家相入門> 家相と九星の持つ意味

家相風水・家相入門

家相と九星の意味

家相と九星の持つ意味

今まで詳しく説明しなかったのですが、
この家相入門は気学による、家相学です。
気学という言葉を初めて聞く方のために、簡単に説明すると。

気学の 「気」 とは、
  1. 自然現象 (大自然の力)
  2. 人間の心 (元気、気力、勇気など、心の様子)  
などをあらわしていています。

自然の作用は、住んでいるところの環境衛生や、心の順応変化に大きく影響を与えます。
それらの作用を、方位と九星の動きを年月日(春夏秋冬)で、あらわしたものが気学です。

この気学を使って、家相を見る方法を説明していきます。
各方位に意味があったように、九星にもそれぞれの意味があります。
九星が持つ大まかな意味を、表としてまとめておきます。

あとで詳しく説明しますが、「6.各方位の持つ意味」で説明した内容と組み合わせて使っていき、家相を見ていきます。

九星大要図
九星 持つ意味
一白水星  創始、健康、子供運
二黒土星  勤労、家庭、職業運
三碧木星  交際、成功、発展運
四緑木星  信用、営業、結婚運
五黄土星  安定、支配運
六白金星  蓄財、地位、社会運
七赤金星  金銭、恋愛運
八白土星  改革、不動産、親類、友人運
九紫火星  達成、知性、名誉運


あなたの九星を確認する。


あなたの九星が、なんであるか良くわかるように表にまとめてみました。

以前九星の求め方をできるだけ詳細に書いたのですが、もっと簡単に説明して欲しいと言う意見が多かったのでまとめてみました。
参考にしてください。

家相の方位と九星五行の基本」で説明したように、下の表を見ると1年に1つ動いていることがわかります。

気学方位学を実践するにあたっては、実践する本人が、”いつ”、”どこで”
”どの方位に”、”何のために”、”何をするのか”という具体性が必要です。

九星 生まれた年
一白水星 02, 11, 20, 29, 38, 47, 56
二黒土星 01, 10, 19, 28, 37, 46, 55, 64
三碧木星    09, 18, 27, 36, 45, 54, 63
四緑木星    08, 17, 26, 35, 44, 53, 62
五黄土星    07, 16, 25, 34, 43, 52, 61
六白金星    06, 15, 24, 33, 42, 51, 60
七赤金星    05, 14, 23, 32, 41, 50, 59
八白土星    04, 13, 22, 31, 40, 49, 58
九紫火星    03, 12, 21, 30, 39, 48, 57

※表の数字は、昭和を表しています。10なら昭和10年という意味です。
平成生まれの方も、この表が使えます。

九星における1年は2月の節分をもって区分するので注意が必要です。
<例>昭和42年2月02日生まれの方は、七赤金星となります。
<例>昭和42年2月04日生まれの方は、六白金星となります。



生まれ月の九星が簡単にわかる方法(月命)
前へ
家相風水・家相入門
トップ
家相の四正、四隅とは
次へ

家相風水・家相入門
 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水