家相入門 > 13.各方位が起こす吉凶その2

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

13.各方位が起こす吉凶  その2(北東、南西、北西、東南)

九星

前回は、東、西、南、北の方位がおこす吉凶について説明しました。
今回は、残りの四つの方位、
北東、南西、北西、東南の方位が起こす吉凶について説明します。
八方位の中で、北東、南西、北西、東南、この4方位はとりわけ重要な意味を持ちます。
家相にとって十分注意すべき方位です。
東南  この方位は、東のエネルギーと、開放的な南のエネルギーをあわせもつ、
八方位中最上の吉方位。

商売繁盛、経済的安定等の幸運を呼ぶ。

この方位の間取りとしては、玄関寝室子供部屋
また、キッチントイレ浴室等の水廻り部分もOK。
とりわけ、玄関等の配置は外部的幸運を招き入れる。
南西  一般的に、裏鬼門と呼ばれる方位
家庭を守る主婦の運気を支配する、大地のパワーみなぎる方位

この方位に決してキッチン、火気、そして浴室トイレ、水廻り部分の配置をしないのが原則。
間取りとしては、老人室が最適、また予備室も良し。
構造的な欠けは凶、ほど良い張りは、吉。
◎鬼門のポイント
北西  この方位は、家相的に問題なしの場合、主人の座が安定する。
また社会的地位、財産形成も順調になる。

家相的に凶の場合、正反対の現象となるので要注意。

この方位には、老人室、夫婦寝室書斎が吉。
ただし、キッチン浴室トイレは、この方位が核となる家族がいると凶となる。
北東  鬼門、文字通り災いを招く方位。
家相学的には、この方位に玄関、などの出入口、窓などは基本的に配置しない。(一部訂正)
構造的な、張り欠けを決して生じさせないこと。

間取りとしては、子供部屋寝室、老人室などが比較的無難。
キッチントイレ浴室などの水廻り部分は厳禁。
◎鬼門のポイント


家相方位が起こす吉凶/家相入門_12.各方位が起こす吉凶 その1(東 西 南 北)
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
住宅の吉方位/家相入門_14.住宅各部屋の、吉方となる間取り
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水