家相入門 > 15.家相と地相との関連性について

家相入門

▼八方位による吉凶禍福 土地相

15.家相と地相との関連性について

地相との関連性について。

***** 
今まで家相についての概要を説明してきましたが、 その家(建築物)が建築されている土地の相も大変重要なのです。

例えば、樹木がしげり空気がすんだ日当たりの良い郊外にある家と、 アスファルトの道路に囲まれたコンクリートの家、この二つの家を比較してみます。
この二つの立地条件による環境が、そこに居住する人間の生活それぞれに、まったく違った影響を与えるだろうということは、一目りょう然で明らかなことです。

地相は自然環境や自然現象をとおして、居住する人間との密接な関わりを持つのです。
そこで重要になるのが、人間の体に良い効果を与える大地からのエネルギーを、いかにして住居の中に引き込み、限られた自然の恩恵をいかに受けるかという事になります。

つまり、自然との接点を持つことが地相では重要であり、家相を吉とするためにも大切です。

従来家相は非科学的なものとみなされてきました。

家相とは単純に部屋の間取りが、どうこうというのではありません。
人間が生活する住環境を”大気、気圧、磁力、気流、光、熱”などの”大自然の法則”と、家の形、 部屋の採光による明暗、敷地の高さによる影響などの諸要素等を総合的に考えたものです。

家相とは自然の持つリズムの変化と、人間の持つリズムの変化をうまく調和させていくためのものなのです。

90.敷地について(良い敷地、悪い敷地)

地相入門・土地相


住宅の吉方位/家相入門_14.住宅各部屋の、吉方となる間取り
戻る
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
土地相と家相/家相入門_16.良相な土地相とは?
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。