家相入門 > 17.外部周りの家相(門)

家相入門

▼八方位による吉凶禍福 門/門扉

17.外部廻りの説明(門)

門門扉


前回に引き続き外部廻りの説明をします。

あと1〜2回、外部廻りについて説明していきたいと思います。
今回は、門の良い方位についてです。

門の良い方位は、東南西北が良いとされています。
それぞれの持つ意味は、以下の表の通りです。

門の良い方位

東南の門

 家族一同明るく円満に生活でき、社会的にも信用が厚く来客も多くなり繁栄発展します。

北西の門

 社会的に引き立てるという方位です。
つまり努力すれば必ず目上の人から引き立てがあるはずです。

東の門 

 東南と同じ繁栄発展の門です。

西の門

(参考として)
西の門は一般住宅より料亭、飲食店などに良いと思います。
この場合は最適です。
つまり7赤という星の作用があるからです。
そのため金銭の意味も持っているので、注意が必要です。
10.各九星の持つ意味 参照)
上図方位盤も参照

門の設置方位を図にまとめると次のようになります。

門の家相

方位としては北正中エリア(北正中15度エリアをのぞく)、東正中エリア、東南四隅エリア、南正中エリア(南正中15度エリアをのぞく)西正中エリア(西正中15度エリアをのぞく)北西四隅(北西四隅15度エリアをのぞく)エリアとなります。

図の赤の方位エリアは凶相となりますので門の配置は避けた方が無難となります。

うすい緑色の場所は基本的には問題ないので門を設置してもかまいません。
ただし、状況によっては注意が必要な方位エリアとなるので注意が必要です。


土地相と家相/家相入門_16.良相な土地相とは?
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
倉庫物置の家相/家相入門_18.外部廻りの説明(倉庫、物置)
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。