家相入門 > 2.家相の九星五行の基本

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

2.九星-五行の基本


次に九星-五行について説明します。
ここでは、こんな言葉があるという程度で、覚えておいてください。
九星(きゅうせい)-五行(ごぎょう)とは以下のものを言います。

・一白(いっぱく)-水星(すいせい)
・二黒(じこく)-土星(どせい)
・三碧(さんぺき)-木星(もくせい)
・四緑(しろく)-木星(もくせい)
・五黄(ごおう)-土星(どせい)
・六白(ろっぱく)-金星(きんせい)
・七赤(しちせき)-金星(きんせい)
・八白(はっぱく)-土星(どせい)
・九紫(きゅうし)-火星(かせい)


方位と九星-五行の関係をまとめると下のような関係になります。

このサイトでは、方位盤の上を北方位に統一しています。

九星−五行と方位の関係図
ここから加筆
五行とは

木−火−土−金−水

1.木星−草木や森林から取り入れる期待の根元的エネルギー
2.火星−太陽、星、火からと入れる気
3.土星−山、大地、から取り入れる気
4.金星−金属から取り入れる気
5.水星−水のような流動性のあるものから取り入れる気

吉気(祐気)を取り入れるには、気学方位学による時間、距離、方位、そして
風水地理学における環境、の4つの条件を満たす必要がある。
そのため時間、距離、方位、を決定するのに、生年月日が大事な要素となる。
それにより導き出される本命星により、良い日時、良い方位等を判断する。



家相方位の基本/家相入門_1.方位の基本 家相盤
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
家相の張り欠け/家相入門_3.「張り」と「欠け」
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。