家相入門 > 20.ガーデニング・庭・造園の家相

家相入門

▼八方位による吉凶禍福 庭造園

ガーデニング・庭・造園の家相

庭造園
 「庭をどのように造ろうか?」と言う事に悩むのは、
一般的に土地の面積が小さい 現在のわが国では、贅沢な悩みかもしれません。

 それでも住宅と駐車場のスペースを、除いた残りの部分を、
「小さくても良いから」と庭にして草木を植えたいという願望は、多くの人が持っていると思います。

 そのとき、適当に庭を作るのは家相上よくないこともあるので、以下の表を参考にしながら、ガーデニングなど、計画してみてください。

庭を造るときに良い方位

東の庭

 余り高い木を植えないで低木(つつじのような)木を植え込み、平庭とし太陽の射光を充分に居間に取り入れるようにするのが良相です。

東南の庭

 この方位も東と同じで平庭式とすれば、一家全員が健康となり、平和で繁盛する相となります。

南の庭

 この方位も、上記2つの庭と同じように、平庭として開放的にする事

池について
水入れ池は、必ず東南方位に造ること。
枯池はその他の方位でも良し

次回は倉庫以外の、附属建物についてお話します。
本来家相の良否は本住宅を中心に判別されるものです。
特に別棟として住宅の敷地内に建てられるものの影響について説明します。
【関連ページ】 77.家相と庭木:庭木の適合方位


浄化槽汚水管の家相/家相入門_19.外部廻りの説明(浄化槽・汚水管)
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
倉庫物置の家相/家相入門_21.付属建物(倉庫・物置以外)について
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
   家相、風水