家相入門 > 23.建築着工時期について

家相入門

▼八方位による吉凶禍福 着工時期

23.建築着工時期について。

 九星には、盛運期と衰運期があります、これを、九星のリズムといいます

 別の言葉で表現すれば、陽運期と陰運期ということになります。
(陽運期は盛運期、陰運期は衰運期です。)

 俗に、”運がよい”とか”運が悪い”というのもこれに当てはまります。
 この時期を把握することが、とても大事になってきます。

九星のリズムは、以下のような動きをしています。
1.本命星(あなたの九星)が南西に入った時期が盛運期の始まりです。
2.本命星が北西に入った時期が衰運期の始まりです。
この流れは九年ごとに一周します。

 また本命星が中宮(中心)に入った時期を俗に、八方塞がり(はっぽうふさがり)といいます。
盛運の期間は3年、衰運の期間は5年になります。

このリズムに合わせて、家相と本人の盛運時期に着工する事をお勧めします。

関連記事
建物を建てる時期につて

八方位と家相/家相入門_22.正確な八方位を定義する。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
東の家相/家相入門_24.八方位詳細説明。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
    家相、風水