家相入門 > 26.八方位の詳細な説明(南の家相)

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

26.八方位の詳細な説明 【南の家相】。

  八方位のエネルギーパワーが”家”というフィルタを通して私達の人生にあたえる影響をさらに具体的に説明していきます。



南の方位は、日の良く差し込むところです。
精神的な力や、知能、知的作業が良好となり、判断力、創造力、インスピレーションが湧く方位です。
この影響で、物事の成立、目的の達成などを意味し、転じて家運安定などの未来を暗示します。

 部屋としては居間応接が最適です、ただし寝室、子供部屋には不適です。
これは、集中力が散漫になるためです。
前述した目標達成と言う意味がある為、この方位に門を設置すると知的な面が発揮され、名誉、地位を招き入れることができます。
この方位に入口である門が最適なら、建物の玄関を設置しようと考えがちです。
しかし、門と玄関は一直線状に設けないというのが、家相上の基本原則なので、気をつけてください。

もしこの部分に欠けが生じますと家族の精神的面にいろいろな問題が生じます。
精神面に欠陥が生じ、虚栄、虚飾に走るようになり、対人関係の悪化、地位失墜の憂き目にあったりします。
また精神系統の病気を引き起こす可能性があります。
人体に作用するところは、頭、目、心臓、等です。
具体的にいえば、頭に関する病、視力障害、神経衰弱、心臓病等の病気に注意しなければなりません。
【家相入門】
44.八方位の張り欠けによる吉凶(南の家相)

西の家相/家相入門_25.八方位詳細説明。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
北の家相/家相入門_27.八方位詳細説明。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水