家相入門 > 27.八方位の詳細な説明(北の家相)

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

27.八方位の詳細な説明 【北の家相】。

 八方位のエネルギーパワーが”家”というフィルタを通して私達の人生にあたえる影響をさらに具体的に説明していきます。



 北の方位、
 その家の家庭環境、社会環境等、外部との接触に影響する方位、つまりことのはじめの方位です。
 夫婦の関係を左右する方位でもあり、夫婦円満(夫婦和合)、親孝行な子供にも恵まれ健全な家庭生活を創造します。
 
 設置する部屋として、本命星によっては門、玄関を配置すると良い家相となります。
それにより人間関係が順調となり、事業では良い社員・部下や、良い外部協力者に恵まれます。
この方位に門、玄関を配置しない場合寝室を設置するのも一つの方法です、また寝室以外でも、書斎、子供の勉強部屋、老人室などに適しています。

  もしこの方位に ”欠け” を作った場合
 社会的信用を失い夫婦間に種々の問題が生じ様々なトラブルを引き起こす事になります。
 また経営者は、部下や社員で苦労することになり、ジリ貧状態になっていきます。
 
北の方位は頭の働きに影響する方位ですので、頭の働きも良くなります。
 昔からよく言われる健康の秘訣、頭寒足熱が最も実行しやすい場所でもあります。

 人体に作用するところは、耳、鼻、肛門、生殖器などに関するものです。
 具体的にいえば、糖尿病、婦人病、尿道炎、中耳炎などの病気に注意しなければなりません。
45.八方位の張り欠けによる吉凶(北の家相)

南の家相/家相入門_26.八方位詳細説明。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
東南の家相/家相入門_28.八方位詳細説明
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
   家相、風水