家相入門 > 28.八方位の詳細な説明(東南の家相)

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

28.八方位の詳細な説明 【東南の家相】。

 八方位のエネルギーパワーが”家”というフィルタを通して私達の人生にあたえる影響をさらに具体的に説明していきます。

東南

 東南の方位は、一般的に辰巳方位と呼ばれてところです。
太陽の昇る東のエネルギーと、太陽の良く差し込む南のエネルギーの両方位をもつ、八方位の中では最上の吉方位で、昔から大切にされてきた方位です。

 表鬼門の北東方位は間取りの面で色々制約がありますが、東南は、人間関係が良くなり、信用が増し、他からの援助も得られるといった、まさに、オールマイティーな方位です。

 この方位は門、玄関、寝室、子供部屋、居間、応接室、キッチン、浴室、トイレなどの水回りもOKです。
 特に門、玄関の配置は外部パワーを取りこみ、福を招き社会的信用を得るという、最高の吉現象がもたらされます。
経営者の方が、商売繁盛、経済安定、また、サラリーマンの方が出世等、幸運を呼び込みたいなら、この東南の吉意を充分に活用した家造りをすることです。

 とにかくこの東南の影響を構造上の”欠け”などを作ることにより凶相としないことです。
  もし、この方位に欠けが生じますと致命的な欠陥の家相となります。
よって、人を信用できず信用されず、外部からの悪い評判により被害を被ることになります。
東南はとても良い方位である分、凶意として用いると真逆の現象となってしまうということですので、充分注意してください。

 病気について
 人体に作用があるところは、毛髪、気管、神経等です。
 具体的にいえば、
 肋間神経通、気管支炎、呼吸の病気、喘息、筋肉の痛み、腸カタルなどです。
【関連ページ】
47.八方位の張り欠けによる吉凶(東南、北西、南西の家相)

北の家相/家相入門_27.八方位詳細説明。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
西北の家相/家相入門_29.八方位詳細説明。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水