家相入門 > 31.八方位の詳細な説明(南西の家相)裏鬼門

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

31.八方位の詳細な説明 【南西の家相】。裏鬼門

八方位のエネルギーパワーが”家”というフィルタを通して私達の人生にあたえる影響をさらに具体的に説明していきます。
南西

南西の方位
南西は,北東の表鬼門に対する裏鬼門にあたります。
 この場所は、西の方位と同じく地の恵み収穫やものを育てる意味があります、また地道で堅実な家庭生活を表します。
 
 西の場合はおもに金運を暗示していましたがこの方位は堅実な基盤を守るという暗示を持っていてとりわけ主婦の内面,健康等に影響する方位です。
 加えて、南西のパワーは人間の性格を穏やかで落ち着きのあるものにしてくれます。

 主婦にしっかり家を守ってもらいたいと願えばこの方位には絶対”欠け”を生じない家造りを、心がけるようにします。

 間取りとしては、寝室,老人室が良いでしょう。
 この方位にキッチンは絶対置かないこと,浴室,トイレもいけません。

 この方位に欠けが生じると、浪費をしやすくなり、わがままな主婦になります。
 そして、夫婦間の愛情等の問題で、家庭内に、陰湿な空気が充満しやすくなります。

 病気について
 胃腸,右手,膵臓,血液
 かかりやすい病気
 胃腸炎,十二指腸潰瘍,胃潰瘍,貧血症,便秘,消化不良等です。
【関連ページ】
 ◎鬼門のポイント
47.八方位の張り欠けによる吉凶(東南、北西、南西の家相)

鬼門・北東の家相/家相入門_30.八方位詳細説明。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
正中線四隅線の家相/家相入門_32.正中線、四隅線。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
     家相、風水