家相入門 > 39.七赤金星の家相

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

39.七赤金星の家相

七赤金星

七赤金星の生まれの人
本命星の位置は、西の方位となります。

西の方位は、金運、材運、飲食、安らぎを意味します。
この方位が吉相ならばビジネス面では金がアップし、上司目上の人から引き立てをうけ出世する運気となります。
家庭では、経済的にゆとりができ円満の運気となります。

西の方位が欠けた家に住むと経済的な面で苦しくなります。
特に、ビジネス面では、やる気が無くなり周囲の評価が下がる運気となります。事業主は資金繰りに苦しむ運気となります。

東南と西の方位は結婚運にも関係があります。
吉相ですと良縁に恵まれ幸せな家庭生活を営むことができます。

西と東南の張りが吉相。


玄関

東、東南、南、西北

トイレ

西北、北

浴室

東、東南、西北

台所

東、東南、西北
 これらは、正中線上、四隅線上には持ってきてはいけません。
 87.マイホーム運気・ビジネス運気 【七赤金星】

六白金星の家相/家相入門_38.生まれ星による家相。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
八白土星の家相/家相入門_40.生まれ星による家相。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水