家相入門 > 43.八方位の張り欠けによる吉凶(西の家相)

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

43.八方位の張り欠けによる吉凶 【西の家相】

  西方位の張り欠けの作用

1.西方位が適当に張出しているものを、西方の吉の張出しといいます。  
あまり大きくなく、小さ目の張出しの方が、吉作用が大です。
金運、財運の大切な方位です。
小さ目の張出しは金運財運に恵まれます。
ただし、敷地も建物も張り出していると大凶となります。


2.西方位の張り出し過ぎは、前回にも説明したのと同様に、
北西、南西の欠けとなり
その家の中心的な役割の人、つまり主人に活気が無くなり仕事運が不調となります。
その結果、主婦の役割が大変となります。


3.西方位の欠けは、金運から見放され金銭面で大変苦労をします。
それと飲食の方位でもありますので、男性が遊興にふけり女性問題を
生じるようになります。
25.詳細な説明(西の家相)

間取りの張り欠け東/家相入門_42.八方位の張りと欠けによる吉凶。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
住宅の張り欠け南/家相入門_44.八方位の張りと欠けによる吉凶。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水