家相入門 > 46.八方位の張り欠けによる吉凶(北東の家相)

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

46.八方位の張り欠けによる吉凶 【北東の家相】


北東方位の張り欠けの作用

1.この張りは大凶となります。
この方位は、表鬼門となりますので、なるべく張り欠けの無い方が吉相となります。
この方位が張り出している場合は、自己の存在(地位)が危うくなり、病人が出たり禍が発生します。

 
 2.この張りは、成功者(すでに成功している)には吉相ですが
若い人(これからの人)には凶相となります。
ものごとの発展が無くなります。


 
3.この張りは、少しであれば吉相です。
平和な家庭生活をおくることができ、他人の協力が得られ、物事がスムーズに運び成功率が高くなります。

 
30.八方位詳細な説明(東の家相)

家屋の張り欠け北/家相入門_45.八方位の張りと欠けによる吉凶。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
東南・北西・南西の張り欠け/家相入門_47.八方位の張りと欠けによる吉凶。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水