家相入門 > 48.サラリーマンの家相

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

48.職業別による吉相と凶相

はじめに
自分の成功は本人の努力が必要です。しかし、すんでいる家の家相もその上に影響を与えます。
今まで説明した様に自分の生年月日による九星によって家相が吉相に、あるいは凶相になったりする様に、職業によっても家相の吉相凶相は違ってきます。

家相というのは、そこに住む自分の目的にマッチしたようにしなければなりません。
自分の運気を強くしたり、家運の発展を希望するために建築物の張りを造ったりして、その目的によって張りを造るのです
  
 そこで、今回から職業別による吉相凶相の家について説明します。
  
【サラリーマンにとって吉相の家】
サラリーマンの方は経営者と違い直接事業の利益に結びつきませんから、
そんなに張りに対してこだわる必要はありません。

それより、むしろ欠けのない家にして下さい。
理由は、家の欠けは健康面に対しての影響が出る可能性が大であるからです。
出世も大切ですが、健康で勤務できることが第1に大切です。
  
次に、本命星の家相を大切にして下さい。
自分の本命星が欠けたり不浄な物を配置しないで下さい。
当然出世を望まれるのであれば玄関を吉方位に持ってきて下さい。



東南・北西・南西の張り欠け/家相入門_47.八方位の張りと欠けによる吉凶。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
経営者の家相/家相入門_49.職業別にようる吉相と凶相
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
     家相、風水