家相入門 > 49.経営者の家相

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

49.職業別による吉相と凶相

【経営者として成功する家相】

経営者は社員とその家族の生活を保証し、事業を発展させ利益をあげていかねばなりません。
社会のニーズに対して新商品、新技術を開発していかねばなりません。
そのために優秀な社員も必要となるなど、種々の条件が充たされなければ成功できません

その為には自宅を欠けのある家相にしてはいけません。
事業の衰退、失敗は自宅の欠けと重要な関連性があります。

社会的信用、信頼を得るには、東南、北西を張り出して下さい。
もし欠けのある家相とした場合どの様な凶作用を受けるか説明します。

北の欠け
優秀な社員が集まらない、せっかく育成した優秀な社員が他社に転職してしまう。
したがって、事業不信となる。

東の欠け
決断力が欠けるようになる

東南の欠け
商談、以来事などがうまくまとまらない。

西の欠け
金運に見放される。

北西の欠け
社会的信用を得られにくくなる。

北東、南西の欠け
健康面に凶作用

南の欠け
事業に対する情熱が無くなり、また営業方針の変化が多くなる。

※ 業種によっても大切な方位がそれぞれ異なった方位となります。



サラリーマンの家相/家相入門_48.職業別にようる吉相と凶相。
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
家相と職業/家相入門_50.職業別にようる吉相と凶相。
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水