家相入門 > 5.家相の真北を求める

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

5.建物の真北を求める。


今までの説明で、建物の方位は八方位あり、そして吉方、凶方がある事。
その八方位を見る為には家の中心を求めなければならない事がわかったこととおもいます。

住宅の方位を正確に知るためには、北が建物のどの方向にあるかを求める必要があります。
通常方位を求めるには、方位磁石を使って北を調べるのですが、地球の地磁気の影響で若干ずれてきます。
そのため真北を出すための修正が必要となってきます。

建物の家相を調べる際は磁石が示した「磁北」から右回りに磁気偏角値をプラス
した位置が真北となります。
この小さなずれが家相判断の重要なポイントとなります。

偏角表
地名 偏角
札幌 9°22′
東京 6°57′
名古屋 7°06′
大阪 7°02′
岡山 7°05′
高知 6°43′
福岡 6°39′

この偏角値は目安ですので国土地理院の地図等で必ず確認してください。

方位を求める[1]  ・方位を求める[2]


建物の宅心・宅心エリア/家相入門
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
家相の各方位/家相入門_6.各方位の持つ意味
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。