家相入門 > 55.アパートマンションの家相 2

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

55.アパート・マンションの家相について 2

【アパート・マンションの家相】
前回に引き続きもう少しマンションの家相について説明します。

一戸建てと違い、特に分譲マンションの場合、配管その他の関係で、家相診断の結果が凶相であっても簡単に改相することはほとんど不可能だと思います。

都市型のものは、特に機能重視で建築されていますので、家相の配慮は殆どされていないと思います。
したがって、いったん入居すれば最悪の家相であることがわかっても、そこに住み続けなければなりません。
故に賢明な方は凶相の住宅には、入居しないでしょう。

私がある人から聞いた話では、マンションの契約入居は、建物全体で見た場合、東南の位置にある住居から入居者が決まるそうです。(俗に、南高北低、東高西低と言われる)
これは、東南が吉方位であるという家相の常識を持った入居者や、指導を受けた入居者がいるという事です。
又、マンション全体から見た住居の方位が悪くても、住居自身の家相が吉相の場合には十分入居するにふさわしいものとなります。

同じマンションでも中心の位置のずれにより、吉相の住居と凶相の住居が生じるわけですから
間取り図、全体図とよく見て選択してください。
・マンションを購入する時気をつけたい家相上のポイント
・マンション情報サイトの紹介


家相によるマンション選び/家相入門_54.マンションを選ぶ基本的なポイント
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
神棚と家相/家相入門_56.八方位で見る神棚の位置
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水