家相入門 > 60.トイレの家相

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

60.トイレの家相

【トイレ】
トイレの配置による吉相凶相の例
 不浄物であるトイレは、どの方位のスペースにおくのがよいのか、家相設計上、重要なポイントの一つです。
現在はほとんどの家庭が水洗トイレになっていますので以前ほどの影響は緩和されています。
それでもここが、最適な吉方位というスペースはなかなかありません。

 最近では、1住宅にトイレが2カ所という家庭も多くなってきて、特に2階に設置する場合が多くなってきていますので、配置場所には十二分に注意しなければなりません。

その場合、階下のトイレの位置関係によって汚水管、給水管の配管問題も影響してきます。

さて、トイレをどのスペース上に配置したらいいかですが、基本的には正中線エリアと南西、北東の鬼門エリア、北西エリアの四隅線上を避けることです。
そして西か、北か、東のエリアに配置しておくことが凶の影響が少ないという考えを持ってください。

何度も説明しますが、正中線上、四隅線上は必ず避けてください。
それと空気の換気、通気を十分にしてください。

トイレの設置方位を図にまとめると次のようになります。
トイレの家相

方位としては北正中エリア(北正中15度エリアをのぞく)、東正中エリア(東正中15度エリアをのぞく)、西正中エリア(西正中15度エリアをのぞく)となります。
図の赤の方位エリアは凶相となりますのでトイレを配置してはいけません。
赤黒いエリアは大凶となるので、どのような理由があっても避ける事が大切です。

うすい緑色の場所は基本的には問題ないので設置してもかまいません。
ただし、家族の核となる方位がある場合は、注意が必要な方位エリアとなります。

その他にトイレを配置しては行けない場所として、宅心宅心エリアとなります。
配置場所の吉方位

 東方位であれば・・・・・正中線エリアを避けた北東寄り、南東寄り
 北方位であれば・・・・・正中線エリアを避けた北東寄り、北西寄り
 西方位であれば・・・・・正中線エリアを避けた北西寄り、南西寄り



吉の配置例
吉のトイレの配置例

凶の配置例
凶のトイレの配置例
家相FAQ(トイレなどの水回りの質問)
トイレの暖房

キッチンの家相/家相入門_59.生活に必要な空間・キッチンの吉方位
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
浴室の家相/家相入門_61.生活に必要な空間・浴室の吉方位
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水