家相入門 > 62.玄関の家相

家相入門

▼八方位による吉凶禍福

62.生活に必要な空間:玄関の吉方位

【玄関】 玄関の配置による吉相凶相の例

玄関は家の顔であり、来訪者が来訪する場所である所、つまり外部社会と接触するエリアです。

そして、来訪者は、玄関まわりから、なんとなくその家に住む人の生活感(雰囲気)を、読みとることができてしまいます。

よって、外来者が、親しみを持って家の中にはいることが出来る様、設計計画されていなければなりません
外部から幸運が入ってくるはずの出入り口が、マイナスパワーに支配されていては、外来者に好印象を与えることが出来ず、まず家運繁栄は望めないでしょう。

では、どの方位のエリアが最適かといいますと、最高の吉方位は東南です。

東南に位置した玄関は外交的なパワーによる社会的信用を得るという吉の影響をうけます。
また南の方位も良いでしょう。

東、北、西、南、北西の方位に玄関を配置しても家相上問題ありませんが、東、北、西、南は正中線エリアは避けてください。

玄関の設置方位を図にまとめると次のようになります。

玄関の家相

方位としては北正中エリア(北正中15度エリアをのぞく)、東正中エリア(東正中15度エリアをのぞく)
東南四隅エリア、南正中エリア(南正中 15度エリアをのぞく)
西正中エリア(西正中15度エリアをのぞく)北西四隅エリアとなります。

図の赤の方位エリアは凶相となりますので玄関を配置してはいけません。

そして面積とバランスのとれたエントランスホールとなるような面積にしてください。
大きすぎても、小さすぎても良い相の玄関とはなりません。

玄関は道路と敷地の状況によって、その住宅の規模、面積によって個々それぞれの住宅で吉の現象の外交的なパワーを浴びるよう判断設計していなければなりません。

門と玄関とのは位置関係ですが、一直線に並べて設置しないようにしてください。
例えば南に門を配置した場合、玄関は東南に配置すると行った具合です。

玄関内の鏡(姿見)に吉凶について

吉の例
玄関の図
東南はすべて吉相


方策(居室・トイレ・床下収納庫)


浴室の家相/家相入門_61.生活に必要な空間・浴室の吉方位
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
リビング・居間の家相/家相入門_63.生活に必要な空間:リビングの吉方位
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水